Fandom


類似した名称の記事はロザルの任務を参照

ロザル攻撃(Attack on Lothal)は初期反乱運動真っただ中の1 BBYに、共和国再建のための同盟惑星ロザルにある帝国軍兵器工場施設の破壊を目的として行った作戦である。銀河帝国はこの工場で新型のスターファイターであるTIE/Dディフェンダーを製造しようとしていた。反乱者たちによるロザル攻撃作戦は2 BBYの時点で既に計画されており、フェニックス戦隊マサッシ・グループが準備を進めていたが、帝国のスローン大提督が惑星アトロン反乱軍基地先制攻撃を仕掛けたため中断された。それ以来、同盟軍最高司令部はロザル攻撃作戦に許可を出すのに消極的になったが、帝国が最新鋭のTIEディフェンダー・エリートをロザルの工場で製造しようとしていることがわかり、状況が変わった。また、帝国は惑星上にいる人員への退避指令であるプロトコル13をロザルで発令した。

反乱軍のヘラ・シンドゥーラは司令部を説得し、ロザル攻撃作戦の許可を取り付けた。彼女は将軍の地位を与えられ、T-65B Xウイング・スターファイターBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーからなる24機の混成部隊を指揮してロザルへ向かった。一方惑星の地上では、ヘラの仲間であるスペクターズのクルーやロザル抵抗勢力のメンバーが工場防衛用の対空砲台を破壊した。ロザルの軌道宇宙戦が始まると、帝国のエース・パイロットであるヴァルト・スケリス中佐は反乱軍の戦闘機を数機撃墜したが、スケリスのTIEディフェンダーはヘラの反撃で制御を失ってアークワイテンズ級司令クルーザーに衝突し、さらにインペリアル級スター・デストロイヤー1隻がその影響で巻き添えになった。ヘラの部隊はこのチャンスを利用して軌道の封鎖を突破し、ロザルの大気圏内へ向かった。

しかしスローン大提督はこの事態を予測し、TIEファイターの迎撃部隊を待機させていた。反乱軍の攻撃部隊は全機撃墜され、複数のファイターがキャピタル・シティに墜落した。ヘラとアストロメク・ドロイドチョッパーマート・マティンらは墜落を生き延び、キャピタル・シティからの脱出を試みた。しかしスローンから反乱軍パイロットの生け捕りを命じられたノーグリの暗殺者ルクに見つかってしまったため、ヘラはマートとチョッパーを地下道に逃し、1人で帝国の捕虜になった。一方、ジェダイケイナン・ジャラスは単独でヘラの救出に向かおうとしたが、白いロズ=ウルフに制止されて思いとどまり、キャピタル・シティの郊外でチョッパーとマートを回収した。その後ケイナンは拠点で仲間たちと合流し、改めてヘラの救出作戦を開始した。

登場エピソード

参考資料

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。