この記事はコレリアン賞金稼ぎを扱っています。お探しの記事はデング姉妹かもしれません。

ロスガー・デング(Rothgar Deng)はファースト・オーダーレジスタンス戦争を繰り広げた時代に活動した、惑星コレリア出身のベテラン賞金稼ぎの名前、もしくは偽名である。老齢のロスガーは永遠に働き続けられる体を手に入れようと、サイバネティックスの代替品をいくつも取り付け、ぞっとするような容貌になってしまっていた。35 ABY当時、デングは惑星キジーミキジーミ・シティに居住していた。[1]

制作の舞台裏

ロスガー・デングは2019年公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』に登場するキャラクターである。[2] 名称はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で初紹介された。[1] 現時点で明確な言及こそされていないものの、デングの名前や背景設定、アーマーの外見は[3]、同じくコレリアンの賞金稼ぎであるデンガーの特徴と一致している。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。