Fandom


「俺を失望させるなよ、能無し」
「心配すんなって! すぐに電源を落としてみせる」
キャド・ベインとロボニーノ[出典]

ロボニーノ(Robonino)は惑星パトローリア出身の男性パトローリアンで、銀河共和国時代末期に活動した賞金稼ぎである。コンピューターのハッキングや爆弾に精通していることで知られた。クローン戦争中、ロボニーノはキャド・ベインシャハン・アラマオーラ・シングらの傭兵チームに加わり、元老院人質事件を起こした。ハット大評議会の依頼に応え、彼らはズィロ・ザ・ハット銀河共和国刑務所から釈放させることに成功した。その後、ロボニーノはセルカスチャタ・ヒョーキとコンビを組み、ドゥークー伯爵の仕事を引き受けた。彼らはパドメ・アミダラ元老院議員の命を狙ったが失敗に終わり、共和国に逮捕される。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。