Fandom


「謝罪は受け入れた、ニーダ艦長」
ダース・ヴェイダー[出典]

ロース・ニーダ(Lorth Needa)は惑星コルサント出身の人間男性で、銀河帝国宇宙軍に仕えた将校クローン戦争では共和国グランド・アーミーの軍人としてコルサントの戦いに参加した。ホスの戦い当時、ニーダはシス卿ダース・ヴェイダーデス小艦隊に所属するインペリアル・スター・デストロイヤーアヴェンジャー>の艦長を務めていた。ニーダはこの戦いで反乱同盟輸送船数隻を相手に首尾よく戦ったが、ハン・ソロ船長の<ミレニアム・ファルコン>が彼の運命を変えることになった。ホス小惑星帯における追跡の後、<ファルコン>は突然ニーダの艦に向かって直進し、ブリッジに激突すると思われた瞬間センサーから姿を消した。ニーダは反乱分子を逃がした責任を取ることに決め、シス卿のもとへ謝罪に出向いた。ヴェイダーはフォースを使ってニーダの首を絞め、殺害した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。