Wookieepedia
Advertisement

エマーワット・タンバー(Wat Tambor)は惑星スカコ出身のスカコアン男性で、テクノ・ユニオン監督者分離主義運動中、ドゥークー伯爵独立星系連合に力を貸し、分離主義評議会のメンバーになった。クローン戦争の末期、シスの暗黒卿ダース・シディアスは、もはや用済みになった分離主義評議会のメンバーを弟子ダース・ヴェイダー処刑させた。

登場作品[]

参考資料[]

Advertisement