Fandom


この記事は総督(Viceroy)を扱っています。お探しの記事は総督(Governor)かもしれません。

ヴァイスロイ(Viceroy)は銀河系の様々な文化で使用されていた称号である。総督とも訳される。

歴史

ニモーディアンが運営する商業ギルド、トレード・フェデレーション指導者はヴァイスロイの称号を冠した。32 BBY当時、ヌート・ガンレイがフェデレーションのヴァイスロイを務めていた。ガンレイは惑星ナブー侵略に失敗し[2]、その後4回も銀河共和国最高裁判所で裁判にかけられたにも関わらず、ヴァイスロイの地位を失うことはなかった。[4]

惑星オルデランブレア・オーガナ女王の夫であるベイル・オーガナは、銀河共和国の元老院議員[5] オルデランの主席議長であると同時に[6]、ヴァイスロイの称号も保持していた。[3]

マンダロリアンガー・サクソンは、銀河帝国の統治下にある惑星マンダロアでヴァイスロイを務め、インペリアル・スーパー・コマンドーの指揮を執った。[1] また彼はマンダロアの帝国総督でもあった。[7]

制作の舞台裏

Viceroy は総督とも訳されることもあるが、ウーキーペディア日本語版では総督(Governor)と区別するためカタカナで表記している。

登場エピソード

参考資料

Nutegunraygeonosis

トレード・フェデレーションのヴァイスロイ、ヌート・ガンレイ

脚注

関連項目

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。