Fandom


類似した名称の記事はカルを参照

ヴァクスヴィッシュ・カル・ネス(Vaxvissh Kal Ness)は銀河内戦終結以降の時代に惑星ダークティール総督を務めた人物である。34 ABY、ダークティールに通信タワーを建設するため発掘活動が行われた際、カル・ネスは旧タック=ビーム施設から発見された反乱同盟の資料群『レベル・ファイルズ』をヘック・エンジオ少佐のもとへ送った。その後、この遺物はマスター・アーキビストモーディアニウスの手を経て、レジスタンスコー・セラ中佐に送られ、最終的にレイア・オーガナ将軍に届けられた。[1]

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。