Fandom


26行: 26行:
 
==生態と特徴==
 
==生態と特徴==
 
ヴァラクティルは4足歩行の[[レプタヴィアン]](鳥型爬虫類)[[種族]]で<ref name="S6">出典:{{SW|url=news/monsters-of-the-clone-wars-a-season-six-bestiary|text=Monsters of The Clone Wars: A Season Six Bestiary}}</ref>、すばしこく動き回るトカゲのような生き物だった。<ref name="はやわかり">出典:[[きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック]]</ref> 彼らは[[惑星]][[ウータパウ]]に起源を持ち、頭のまわりや背骨に沿って青緑色の羽毛が生えていた。ヴァラクティルは草食動物で<ref name="DB Vara" />、鋭い眼とくちばしを備え、緑色の肌はうろこに覆われていた。アシの本の指の先には曲がった爪が生えており、砂地を走るのに適していた。また、長い尻尾も走行時にバランスをとるのに役立った。<ref name="EP3"/><ref name="DB Boga"/> ヴァラクティルの足の平は粘着性のパッドになっており、ウータパウの洞窟や[[シンクホール|縦穴]][[都市]]の壁を這い上ることができた。<ref name="S6"/> ヴァラクティルは全長15[[メートル]]、肩までの高さが4メートルもある大きな動物だったが<ref name="DB Vara" />、時速330[[キロメートル]](205[[マイル]])もの速さで移動することができた。<ref name="S6"/>
 
ヴァラクティルは4足歩行の[[レプタヴィアン]](鳥型爬虫類)[[種族]]で<ref name="S6">出典:{{SW|url=news/monsters-of-the-clone-wars-a-season-six-bestiary|text=Monsters of The Clone Wars: A Season Six Bestiary}}</ref>、すばしこく動き回るトカゲのような生き物だった。<ref name="はやわかり">出典:[[きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック]]</ref> 彼らは[[惑星]][[ウータパウ]]に起源を持ち、頭のまわりや背骨に沿って青緑色の羽毛が生えていた。ヴァラクティルは草食動物で<ref name="DB Vara" />、鋭い眼とくちばしを備え、緑色の肌はうろこに覆われていた。アシの本の指の先には曲がった爪が生えており、砂地を走るのに適していた。また、長い尻尾も走行時にバランスをとるのに役立った。<ref name="EP3"/><ref name="DB Boga"/> ヴァラクティルの足の平は粘着性のパッドになっており、ウータパウの洞窟や[[シンクホール|縦穴]][[都市]]の壁を這い上ることができた。<ref name="S6"/> ヴァラクティルは全長15[[メートル]]、肩までの高さが4メートルもある大きな動物だったが<ref name="DB Vara" />、時速330[[キロメートル]](205[[マイル]])もの速さで移動することができた。<ref name="S6"/>
  +
  +
ヴァラクティルはきわめて忠誠心が強く、[[ウータパウン]]によって騎乗用動物として飼いならされていた。彼らは背中の鞍に主人を乗せながらウータパウの垂直都市をすばやく動き回った。<ref name="DB Vara" />
   
 
彼らの卵はしばしば[[ダクティリオン]]といった別の肉食動物の標的となった。<ref name="S6"/>
 
彼らの卵はしばしば[[ダクティリオン]]といった別の肉食動物の標的となった。<ref name="S6"/>

2016年11月4日 (金) 16:59時点における版

ヴァラクティル(Varactyl)はアウター・リム・テリトリー惑星ウータパウに棲息した4足歩行の草食クリーチャーである。

生態と特徴

ヴァラクティルは4足歩行のレプタヴィアン(鳥型爬虫類)種族[4]、すばしこく動き回るトカゲのような生き物だった。[5] 彼らは惑星ウータパウに起源を持ち、頭のまわりや背骨に沿って青緑色の羽毛が生えていた。ヴァラクティルは草食動物で[3]、鋭い眼とくちばしを備え、緑色の肌はうろこに覆われていた。アシの本の指の先には曲がった爪が生えており、砂地を走るのに適していた。また、長い尻尾も走行時にバランスをとるのに役立った。[1][2] ヴァラクティルの足の平は粘着性のパッドになっており、ウータパウの洞窟や縦穴都市の壁を這い上ることができた。[4] ヴァラクティルは全長15メートル、肩までの高さが4メートルもある大きな動物だったが[3]、時速330キロメートル(205マイル)もの速さで移動することができた。[4]

ヴァラクティルはきわめて忠誠心が強く、ウータパウンによって騎乗用動物として飼いならされていた。彼らは背中の鞍に主人を乗せながらウータパウの垂直都市をすばやく動き回った。[3]

彼らの卵はしばしばダクティリオンといった別の肉食動物の標的となった。[4]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。