Fandom


「見るがいい。あれはもうわれわれの銀河ではない」
レイ・スローネに対し、ガリアス・ラックス[出典]

ヴァルピナス星雲(Vulpinus Nebula)は銀河系の端にある星雲アキヴァの反乱当時、ガリアス・ラックス元帥と彼の指揮艦であるスーパー・スター・デストロイヤーラヴェジャー>はヴァルピナス星雲に潜伏していた。アキヴァから生還したレイ・スローネ提督は、この星雲でラックス元帥と合流した。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。