Fandom


「皆さん、ロザルの帝国造船所で完成したばかりの最新型宇宙船、サイナー・システムズ社のTIEスターファイターです! この美しい船の初飛行には、それにふさわしいパイロットが必要です。ロザル一の帝国軍パイロット、ヴァレン・ルドール男爵!」
マーケス・チュア[出典]

ヴァレン・ルドール(Valen Rudor)、識別番号LS-607惑星コルラグ出身の人間男性で、銀河帝国に仕えたTIEファイター・パイロット男爵ヤヴィンの戦いの数前、ルドールはアウター・リム・テリトリー惑星ロザルに配属されていた。彼はロザルの反乱者たちと何度も衝突し、そのたびに悲惨な目に遭っていた。ガラゼブ・オレリオスにはキャピタル・シティTIEファイターを破壊され、エズラ・ブリッジャーにはフライト・ヘルメットを奪われた。ルドールは帝国の日の軍事パレードで新型TIEファイターの初飛行を任されることになったが、戦闘機は彼が乗り込む前に反乱者に爆破されてしまった。

経歴

帝国軍パイロット

惑星コルラグ出身のヴァレン・ルドール男爵は、帝国宇宙軍に所属するTIEファイター・パイロットだった。彼は銀河帝国の最新型スターファイターのテスト・パイロットになるという約束でアウター・リム・テリトリーの惑星ロザルへ赴くことになった。[4] 造船企業サイナー・フリート・システムズ社の工場がロザルに新設されたこともあり、ルドールは辺境惑星への転属を承諾した。ルドールの決断は、銀河帝国のホロネット・ニュースプロパガンダ放送でも報じられた。

反乱者とのトラブル

LS-607 and Zeb

ゼブとの最初の遭遇

ロザルのキャピタル・シティにある離着陸用プラットフォームでTIE/ln制宙スターファイターの点検をしていた時、ルドールはストームトルーパーに追われていたラサット反乱者ガラゼブ・“ゼブ”・オレリオスと遭遇した。オレリオスはルドールを殴り飛ばして気絶させ、ボー=ライフルでトルーパーたちと戦った。目を覚ましたルドールはストームトルーパーが落としたE-11ブラスター・ライフルを拾い上げて構えながら、コムリンクで増援を要請した。ストームトルーパー・コマンダーは敵の人数を聞き返したが、ルドールは1人しかいないとは答えられず、とにかくすぐに応援を寄こすよう命じた。オレリオスは再びルドールを投げ飛ばし、TIEファイターを破壊した後、増援部隊も片付けてプラットフォームから去っていった。[2]

また別の日、ルドールはTIEファイターを操縦して反乱者のVCX-100軽貨物船ゴースト>と交戦した。彼の機体は<ゴースト>に撃ち落とされ、キャピタル・シティ郊外ウエスタン・ゾーンの草原に墜落した。付近の通信タワーの住人で、TIEファイターの墜落を目撃した孤児エズラ・ブリッジャーは、機体に駆け寄ってパイロットの安否を確かめた。ルドールは少年の問いかけに怒鳴り返し、帝国の財産であるTIEファイターに手を触れるなと叱った。ブリッジャーは彼の言葉を無視してコックピットに入り込み、パイロットを救助するふりをしながら、闇市場で売りさばくための部品を盗み取った。ブリッジャーがフライト・ヘルメットを手にして機体から出た後、騙されたことに気付いたルドールはレーザー砲で少年を撃ち殺そうとした。ブリッジャーは(無意識に)フォースを使って砲撃をかわし、エネルギー・スリングショットでルドールを気絶させた。[3]

エズラ・ブリッジャーが<ゴースト>のクルーに加わり、オレリオスと同じく反乱者になった後、ルドールはコザルの町で再びオレリオスと遭遇した。ルドールはTIEファイターに乗り込み、ストームトルーパーに追われていたオレリオスを挟み撃ちにした。しかし、ラサットの反乱者はTIEの機体に飛び乗り、ハッチをこじ開けてルドールを外に投げ飛ばした。オレリオスは奪ったTIEを使ってブリッジャーと合流し、ヨガー・リステ補給官帝国軍兵員輸送機を襲撃した。[5] その後、ルドールのTIEファイターサビーヌ・レンによって着色され、ケイナン・ジャラスの救出作戦で反乱者たちの役に立った。[6]

帝国の日

15回目の帝国の日、ルドールはキャピタル・シティで開かれた軍事パレードに参加した。ロザルのマーケス・チュア大臣はサイナー・フリート・システムズ社が開発した新型TIEアドバンストv1スターファイターを市民にお披露目し、そのテスト・パイロットであるルドールを「ロザル一の帝国軍パイロット」として紹介した。しかしその直後、ルドールやチュアのいる演壇のすぐ隣で、TIEアドバンストv1が反乱者たちに爆破されてしまった。[7]

個性と特徴

Valen Rudor XWM

ルドールの乗るTIEアドバンスト

コア・ワールドの惑星コルラグ出身だったヴァレン・ルドールは傲慢なうぬぼれ屋で、自分の外見に病的なほどのこだわりを持っていた。帝国宇宙軍の極めて優秀なパイロットだったルドールは[1]、帝国最新鋭の乗り物のテスト・パイロットになるという約束でロザルに配属されたが、このアウター・リムの惑星を嫌悪しており、反乱者たちとの遭遇を経てその思いはさらに強まった。[4]

表記

アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではヴァレン・ルーダーと表記されている箇所もある。

登場エピソード

Valen Rudor SWA

ルドール男爵

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。