Fandom


「ご無事でしたか。オルデランのことを聞き、最悪の事態を恐れていました」
―ヴァンデン・ウィラード[出典]

ヴァンデン・ウィラード(Vanden Willard)は人間男性で、共和国再建のための同盟に仕えた司令官将軍である。0 BBY当時、衛星ヤヴィン4の秘密基地ベース・ワンに配属されていた。惑星オルデラン銀河帝国によって破壊された後、ウィラードはヤヴィン4に帰還したプリンセスレイア・オーガナを出迎えた。その後ウィラードはレイアや他の反乱軍将校とともにベース・ワンの作戦室でヤヴィンの戦いを見守った。1 ABY帝国軍によってマコ=タ宇宙ドック襲撃された時、ウィラードは現地でデルタ・グループに属すモン・カラマリスター・クルーザーの指揮を執っていた。彼のクルーザーはスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>の最初の標的となり、破壊された。

経歴

ヤヴィン4

「悲しんでいる暇はありませんわ、司令官」
―レイア・オーガナ[出典]
ANHGeneral Willard

レイアとウィラード

ヴァンデン・ウィラード[4]人間男性で、帝国時代共和国再建のための同盟司令官[2] および将軍を務めた。[5] 0 BBY当時[6]、ウィラードは衛星ヤヴィン4に設けられた同盟軍基地、ベース・ワンに配属されていた。惑星オルデラン銀河帝国超兵器デス・スター破壊されたという報せが入った後、ウィラードはベース・ワンでオルデラニアンプリンセスレイア・オーガナを出迎えた。レイアは一度帝国に捕まったが、ルーク・スカイウォーカー密輸業者ハン・ソロチューバッカドロイドC-3POR2-D2によって救出され、無傷で戻ってきた。ウィラードはプリンセスの無事を喜んだが、レイアはR2-D2の中にあるデス・スター設計図を解析してバトル・ステーションの弱点分析を急ぐよう促した。[2]

レイアを乗せてきたYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>にはホーミング・ビーコンが仕掛けられており、間もなくデス・スターがヤヴィン星系に姿を現した。[2] ウィラードは新規参加する反乱軍パイロットフライト・シミュレーター記録を評価する役割を担い、ウェッジ・アンティリーズよりも高い成績をはじき出したルークの入隊を認めた。[7] レッド中隊ゴールド中隊がデス・スターを破壊するために出撃した後[2]、ウィラードはベース・ワンの作戦室でレイアやジャン・ドドンナ将軍、バンドウィン・コア大佐、管制官たちとともにヤヴィンの戦いを見守った。ドドンナ将軍が敵の折返し信号の有無を尋ねた際、ウィラードはデス・スター以外に敵の信号は確認できないと答え、レイアはスター・デストロイヤーの護衛がついていないのは僥倖だと喜んだ。ウィラードの発言を含む作戦室での会話記録は、のちに『レベル・ファイルズ』に収録された。[5]

マコ=タ基地

SW 50 Delta Group

クルーザーの指揮を執るウィラード

1 ABY、レイア・オーガナがモン・カラマリ通商艦隊を率いるアーチャ摂政との交渉に失敗した後、ウィラードはマコ=タ宇宙ドックで開かれた同盟軍最高司令部の会合に参加した。反乱同盟の指導者モン・モスマ議長からモン・カラに関する報告を求められたレイアは、アーチャは帝国に対する反乱に参加するつもりは無いと語り、ウィラードたちを落胆させた。しかしレイアは話を続け、銀河帝国に囚われているモン・カラマリリー=チャーを救出することができれば、モン・カラマリの世論を転換させ、彼らの艦隊を味方につけることができるかもしれないと提案した。その後、レイアのチームはストロキル・プライム刑務所へ侵入し、リー=チャーがストームトルーパーによって殺される前に最期の言葉を記録することに成功した。のメッセージに触発されたモン・カラマリは帝国に対して一斉蜂起し、反乱同盟へ離反した。[3]

モン・カラの反乱の後、ウィラードは同盟軍艦隊に加わったモン・カラマリ・スター・クルーザーのうち1隻の指揮権を与えられた。新しいクルーザーはマコ=タ基地に集結し、トリオス女王の指揮のもと、シュー=トラン王国のテクノロジーを使って戦闘用に改修された。マコ=タ宇宙ドックではモン・カラマリの加盟を祝うパーティーが開かれ、祝典の最後に、各指揮官がそれぞれのグループを率いてドックから旅立つのを全員で見守ることになった。デルタ・グループの指揮官であるウィラードはレイアに準備完了の報告を行い、これからスピーチを行うモスマに宜しく伝えてくれと頼んだ。その後ドドンナ将軍は全サブ=グループに出発を命じたが、あらゆるスター・クルーザーの基幹システムが応答しなくなっていることが発覚した。[1]

SW 50 Willard final moments

ウィラードの最後の瞬間

帝国の内通者だったトリオス女王は、シュー=トランの技術を使って反乱軍クルーザーのシステムを無効化していた。ウィラードの旗艦を含むあらゆるモン・カラマリ・クルーザーがハイパードライブや通信装置、武装を無効化され、ハンガー・デッキの扉を開いてスターファイターを出撃させることすらできなくなった。間もなく、トリオスの連絡を受けたシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーデス小艦隊を率いてマコ=タ宇宙ドック周辺の宇宙空間に姿を現した。ヴェイダーの旗艦であるエグゼクター級スター・ドレッドノートエグゼクター>とインペリアル級スター・デストロイヤー艦隊は、もっとも近くにいたウィラードのクルーザーを最初の標的に選んだ。[1]

マコ=タ基地の中のモスマやレイア、デイヴィッツ・ドレイヴン将軍らが固唾をのんで見守る中、ウィラードのクルーザーはレーザーの砲撃で無力にも引き裂かれていった。ウィラードはあらゆるパワーを偏向シールドに回すよう命じたが、アイソリアンのクルーは既にシールドが急速に失われつつあると答えた。ウィラードがクルーザーの放棄を決意した時にはもう手遅れになっており、ウィラードは自分と部下たちがフォースとともにあることを祈りながら最後の瞬間を迎えた。ヴェイダーは<エグゼクター>から最初の標的の破壊を見守り、反乱軍に恐怖が広まったのを感じて満足した。[1]

個性と特徴

ウィラードは白人種の人間男性で、は黒く、ヤヴィンの戦い当時は白髪になっていた。プリンセス・レイア・オーガナがヤヴィン4の基地に戻ってきた際、ウィラードは安堵の表情を見せた。[2]

技術と能力

SW 50 Willard cruiser fireball

破壊されたウィラードのクルーザー

ヴァンデン・ウィラードは将軍として部下たちを指揮する立場にあった。マコ=タ基地襲撃時、指揮下のクルーザーが攻撃を受けた際、ウィラードはシールドを全開にするようクルーに指示したが、既に手遅れの状況だった。彼は直後に退鑑命令を出したが、クルーザーの破壊に間に合わなかった。[1] ウィラードはベース・ワンでフライト・シミュレーター記録を評価する職務を担い、Xウイング・スターファイターの操縦技術を持つパイロットを採用する決定権を持っていた。[7]

装備

同盟軍将校であるウィラードは士官用の制服を身に着け、左胸に将軍の階級章をつけていた。[2] デルタ・グループの指揮を任されていた頃、ウィラードはモン・カラマリ・クルーザーのうち1隻を自らの旗艦としていた。[1]

制作の舞台裏

ウィラードは1977年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で初登場を果たした。俳優はエディー・バーンで、声はマイケル・ベルが吹き替えている。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。