Fandom


ヴィアモック(Veermok)はミッド・リム惑星ナブーに原生する、爪と牙を生やした獰猛な霊長類クリーチャーである。アウター・リム・テリトリーの惑星エリアドゥにも特徴的な亜種が棲息していた。

生態と特徴

ヴィアモックは非知覚種族の肉食霊長類クリーチャーである。がっしりとした上半身に長く強力な腕を備え、脚は比較的細長かった。彼らは3本の指にギザギザの白い爪を持ち、鼻口部は犬に似ており、非常に鋭い歯を生やしていた。ヴィアモックの腕と足はダークブラウンの毛皮に覆われていたが、下半身は無毛だった。1体のヴィアモックは人間10人分の腕力を備えていた。

ヴィアモックは沼や湿った森林地帯に生息する樹上クリーチャーだった。また彼らは群れをなさず、生涯を通じて同種と行動をともにすることはほとんどなく、非常に攻撃的だった。

歴史

ヴィアモックは銀河系ミッド・リムに属す自然の豊かな惑星ナブーに起源を持つ。また、アウター・リム・テリトリーの惑星エリアドゥにもエリアドゥ・ヴィアモックと呼ばれる非常に特徴的な亜種がいた。エリアドゥの亜種は通常のヴィアモックに比べてはるかに凶暴かつ狡猾だった。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。