Fandom


類似した名称の記事はリーを参照

ヴォルザング・リー=スラル(Volzang Li-Thrull)は惑星ナー・カンジ出身の人間男性で、冷戦の時代に犯罪組織カンジクラブに所属していたギャング

経歴

エンドアの戦いの30標準年後、リー=スラルは密輸業者ハン・ソロから50,000クレジットの借金を取り立てるため、カンジクラブの首領タス・リーチや仲間のギャングと共にバリーン級重貨物船エラヴァナ>に乗り込んだ。カンジクラブのメンバーは同じくソロに貸しのあるグアヴィアン・デス・ギャングより少し遅れてソロの貨物船のエアロックに到着した。デス・ギャングのエージェントバラ=ティクとリーチがソロと口論する中、<エラヴァナ>に乗り込んでいた廃品回収業者レイが誤って積み荷のラスターを解き放ってしまい、船内は大混乱に陥った。ラスターはギャング団に襲い掛かり、リー=スラルは他数名の仲間と共に猛獣の餌食になってしまった。ソロはチューバッカやレイ、フィンBB-8と共に惨劇を生きのび、<ミレニアム・ファルコン>で逃げ去った。

個性と特徴

ヴォルザング・リー=スラルは人間男性で、肌は褐色、髪は黒かった。彼は防炎服を着込み、ティバナ推進式ボイラー・ライフルを装備していた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。