Wookieepedia
Advertisement
「帝国の書類を偽造。盗品所持。暴行や傷害。公務執行妨害」
ジン・アーソが過去に犯した罪状を読み上げるデイヴィッツ・ドレイヴン将軍[出典]

偽造屋

偽造屋(Forger)は文書やクレジットを偽造することでを稼ぐ職業である。

デュロスバー・ザ・ロッターは偽造の達人であり、海賊ホンドー・オナカーのために働いていた。しかしやがて彼は酒に溺れ、犯罪者の人生を省みて無限の知覚教会に入信し、偽造の腕が衰えていった。帝国時代マズ・カナタ日誌を手に入れたオナカーは、日誌の偽作を利用して金儲けを企み、バー・ザ・ロッターに偽造を依頼した。しかし複製品の質があまりにもずさんだったため、オークションのさなかにラング・クランが偽造を見破り、オナカーの計画は失敗に終わった。[1]

パルチザンの一員だった頃、ジン・アーソは公文書やスキャンドクを偽造する仕事を任された。[2] またヴォバーティ種族ヴァルウィッド・イネドは、帝国時代に衛星ジェダで偽造屋として生計を立てていた。彼はソウ・ゲレラ率いるパルチザンのために、偽の通過許可証を作成していた。[3]

偽造は犯罪行為であり、逮捕されれば懲役刑を宣告されることがあった。新共和国時代、人間ニロックス・キャビン=ローヴスは政府のクレジットを偽造したため逮捕され、サンスポット刑務所で20の懲役を言い渡された。またモン・カラマリゴスラ・フラーは地元の通貨を偽造した罪で、同じくサンスポット刑務所で30年の懲役刑に服した。[4]

オノドーングウェリス・バグノロは通行許可証を専門とする腕利きの偽造屋だった。マズ・カナタには、バグノロの技術を当てにする者たちが多く集まった。[5]

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement