Fandom


元老院ホール[1](Senate Hall)は、共和国元老院議事堂(Republic Senate Chamber)、元老院アゴラ(Senate agora)、旧元老院議事堂(Old Senate Chamber)とも呼ばれた銀河元老院の会議施設。惑星コルサントリパブリック・シティに建てられ、銀河共和国の初期(15,000 BBY頃)から旧シス戦争の時代まで使用されていた。

歴史

Galactic Senate 3996BBY

3996 BBY当時の元老院ホール

惑星コルサントに建つ巨大な石の建造物、元老院ホールは、銀河共和国の初期に銀河元老院の議事堂として使われていた。元老院ホールのガードマンたちは、建物のみならず、元老院の会議中に元老院議員最高議長副議長補佐官たちを護衛する役割を担っていた。また、元老院ホールは正式な審問会の会場としても利用されていた。

3996 BBYフォースのダークサイドに転向したジェダイ・ナイトウリック・ケル=ドローマ裁判が元老院ホールで行われた。裁判の途中、シスの暗黒卿エグザ・キューンがホールに押し入り、集まっていた議員や最高議長のシドローナフォースで支配下に置いた。最高議長を殺害した後、キューンはかつての師匠であるジェダイ・マスターヴォド=シオスク・バス対決し、勝利する。キューンはケル=ドローマを解放した後、元老院ホールから去って行った。

TrialOfDemagol

ホールで行われたデマゴルの裁判

シス大戦が終結して以降、増加の一途をたどる共和国加盟惑星の代表者たちを収容するため、元老院は新しい元老院ホールの建造を委託した。そして、古い元老院ホールの基盤の上に新しい元老院タワーが建てられた。てっぺんを巨大なドーム形建築によって飾られた新しい議事堂は、旧ホールから100階以上も高く築き上げられていた。もはや使われなくなった古い元老院ホールだったが、3963 BBYには、マンダロリアン科学者デマゴル裁判がここで行われ、彼のマンダロリアン戦争における罪が裁かれた。それから1年後、元老院ホールではジェダイ・マスター・ドージャンダー・ケイスと彼の支持者、マンダロリアン・ナイト裁判が行われた。彼らもまたマンダロリアン戦争の犯罪者だった。その後、ホールはある時点で完全に役目を終え、日々コルサントを訪れる大勢の一般市民の観光名所となった。

特徴

Oldrepublic 05 07

元老院ホールの入口

巨大な石とガラスの建築物だった元老院ホールは、銀河系首都惑星であるコルサントの、元老院地区の中心部に建てられていた。もともとは屋外スタジアムだった元老院ホールは、そびえたつ三角構造の建築物によって囲われており、建物の壁は傾斜していた。元老院ホールの表面はガラス張りになっており、自然光を施設の内部へと取り入れていた。また、建物の隣には巨大な宇宙港があった。元老院ホールの正面入口は巨大な階段の先にあり、装飾が施されていた。入口の向こうには建物の心臓部とも言えるスタジアム式の巨大な会議場があり、石のベンチにはおよそ50,000人の元老院議員を快適に収容することが出来た。巨大な議事堂の中心には最高議長のための演壇があり、この巨大な石の円柱の周囲ではゆるやかな階段が螺旋を描き、演壇のてっぺんへと続いていた。最高議長の目の前のフロアには、もうひとつ別の小さな演壇が建っていた。このプラットフォームは、銀河元老院で公式な演説を行う代表団のための演壇や、正式な裁判で罪を裁かれる犯罪者を立たせる場所として使われていた。

議事堂の上層レベルは歩くことが出来る吹き抜けになっており、そこから巨大な柱がいくつか天井へと伸びていた。議事堂内の両端には炎を上げる大きな台座があり、その左右には、翼のある跪いたヒューマノイドの巨像が置かれていた。

登場エピソード

  • Tales of the Jedi: The Golden Age of the Sith
  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire
  • Timeline 12: The Great Hyperspace War ホログラムでの登場)
  • Tales of the Jedi: The Sith War 3: The Trial of Ulic Qel-Droma (初登場)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 47: Demon, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: War 5
  • Darth Plagueis (言及のみ)
  • I, Jedi (言及のみ)

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。