Queicon.png

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

銀河帝国建国の翌帝国情報部は陰謀罪および反逆罪で63名の帝国元老院議員逮捕した。逮捕された議員はいずれも、クローン戦争期にシーヴ・パルパティーン最高議長の行政権拡大に反対していた“2,000人の議員”に名を連ねていた。この事件は帝国の認可を受けたホロネット・ニュースによって“ジェダイの反乱に対するドラマチックな勝利”として報道された。

背景

2,000人の議員の一部

銀河共和国独立星系連合のあいだに繰り広げられたクローン戦争は、19 BBYにクライマックスを迎えた。[4] 戦争のあいだ、シスの暗黒卿ダース・シディアス”という裏の顔を持つシーヴ・パルパティーン最高議長は、銀河元老院において非常時大権を保持し続けた。[2] かつては親議長派のロイヤリスト・コミッティーに所属していた元老院議員たちも、議長の行政権拡大に不信感を抱くようになり、パルパティーンの政治的権力の増長に対抗するため2,000人の議員を形成した。[1] この議員団はパルパティーンの権力に対する公式な抗議文として“2,000人の請願書”を制作し、戦争が終わったら非常時大権を元老院に返還するよう働きかけた。[5]

戦争終盤、パルパティーンは自身のシス・アプレンティスであるダース・ヴェイダー惑星ムスタファー派遣し、分離主義評議会のメンバーを抹殺すると同時に分離主義勢力ドロイド軍をシャットダウンさせた。また、彼はオーダー66を発令してジェダイ・オーダー壊滅へ追い込んだ。間もなくパルパティーンは元老院の臨時議会を招集し、ジェダイが国家への反逆を企てていたことが発覚したと公表した。この発表に伴い、パルパティーンは多数の議員の賛同を得て共和国を初代銀河帝国再編することに成功し、自らを銀河皇帝と称した。しかしオルデランベイル・オーガナナブーパドメ・アミダラを始めとする一部の議員は、帝国の誕生に失望していた。[2]

一斉逮捕

帝国誕生の翌日[1]、国家の諜報および対扇動機関である[6] 帝国情報部は、惑星コルサントでパルパティーンの政治的敵対者たちの取り締まりを行い、陰謀罪と反逆罪で63名の元老院議員の一斉逮捕を行った。逮捕された議員はいずれも、2,000人の議員に名を連ねる政治家だった。逮捕者にはコア・ワールド選出の著名な人物や、アウター・リム・テリトリー選出の大勢のエイリアンの議員が含まれていた。[1]

ベイル・オーガナとシャンドリラモン・モスマ議員はこの事件のさなかに一時勾留されたが、皇帝への忠誠を明言したため解放された。逮捕された議員たちは帝国のクローン・トルーパーたちによってシータ級T-2cシャトルへ連行された。[1]

その後

逮捕された議員のうち数名を収容したアース=エノ刑務所

元老院議員一斉逮捕の後[1]、帝国から認可を受けた公式の報道機関である[7] ホロネット・ニュースは、“ジェダイの反乱に対するドラマチックな勝利”として本事件を報道した。逮捕者名簿の一部が報道時刻の前に公表され、ホロネット・ニュースはそのうち5名(ハーデッサシア・サダシャーサ議員、ケストス・マイナーアイヴァー・ドレイク議員、サーン・プライムファング・ザー議員、ティナストリームドリンカー議員、フィーニクスタナー・カダマン議員)の名前を報道した。[1]

サダシャーサ、ドレイク、カダマン議員はコルサントにあるアース=エノ刑務所収監された。ヤヴィンの戦いの後、パルパティーンはアース=エノ刑務所の政治犯を全員処刑すると発表した。反乱同盟は議員たちの救出任務を実行し、任務の途中でパルパティーンの暗殺も試みたが、いずれも失敗に終わった。パルパティーンはアース=エノ刑務所を爆破し、反乱軍のテロ攻撃で議員たちが命を落としたと発表した。[8]

この事件に関する情報は、反乱軍が重要な情報を記録する際に使っていた非電子中央情報リポジトリ、『レベル・ファイルズ』に記録されていた。モン・モスマはファイルに収録された当時の報道記事に自らの経験を書き加え、事件発生時にベイル・オーガナと一緒に勾留されたことや、帝国への忠誠を表明して釈放されたことを記入した。モスマは自分たちだけ釈放されたことに罪悪感を抱いたが、その感情が帝国と戦う動機にもなった、と書き綴っている。[1]

制作の舞台裏

この事件は2017年発売の正史の設定資料集『スター・ウォーズ:レベル・ファイルズ』(ダニエル・ウォーレス著)で初めて言及された。[1] “ジェダイの反乱に関わった63名の元老院議員が逮捕”という内容自体は、もともと2005年発売のスター・ウォーズ インサイダー第84号掲載の記事『Republic HoloNet News Special Inaugural Edition 16:5:241』(ウォーレス、パブロ・ヒダルゴ著)のために創作されたストーリーである。

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。