Fandom


全地形対応防衛タレット(All Terrain Defense Turret)、通称AT-DTウォーカー(AT-DT walker)は銀河帝国が使用した2式のウォーカー兵器である。着弾時に爆発する強力なエネルギー弾を積んだAT-DTは、帝国の歩兵や施設を防衛する機動砲塔として活躍した。

特徴

ATDT-SW Commander

トルーパーが乗り込んだAT-DT

全地形対応防衛タレット[1]、通称AT-DTはパイロット1名によって操縦される2脚式のウォーカーである。[2] 地上戦において銀河帝国の歩兵や施設を防衛するために設計され、動く砲塔としての役割を果たした。[1] 巨大な主砲を積んでいるため動きは遅いが、着弾時に爆発する強力なエネルギー弾を放つことができた。このエネルギー弾は周辺にも衝撃を与えるため、範囲内にいる軽装備の標的にも有効だった。[2] AT-DTの“頭部”には主砲のフラッシュバックを抑えるための装甲プレートとシールドが追加されていたが。[1] しかしAT-DT自体は軽装甲であるため、対ビークル兵器による攻撃に脆弱だった。 帝国軍のAT-DTの塗装は灰色で、共和国再建のための同盟は帝国から盗んだAT-DTをオレンジと白に塗り替えていた。[2]

歴史

10 BBY第224帝国軍機甲師団惑星ミンバンにおける戦役で複数のAT-DTウォーカーを使用し、原住民の抵抗勢力であるミンバニーズ解放軍と戦った。第224師団のAT-DTはY-45装甲トランスポート運搬船によって戦場へ運ばれた。[4]

制作の舞台裏

AT-DTウォーカーは2018年4月8日に『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の公式トレーラーで初めて一般公開された。

登場エピソード

参考資料

脚注

全地形対応ビークル
銀河共和国 AT-AP - AT-TE - AT-RT - AT-OT
銀河帝国 AT-ACT - AT-AT (初期型 - エリート) - AT-DP - AT-DT - AT-MP (Mk III) - AT-ST (Mk III) - AT-PT
ファースト・オーダー AT-AT - AT-HH - AT-HS - AT-MA - AT-M6 - AT-PD - AT-ST
[テンプレート]
帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。