Fandom


全地形対応防衛ポッド(All Terrain Defense Pod)、通称AT-DPは、クワット・ドライブ・ヤード社が製造した銀河帝国の2足歩行ウォーカーである。クローン戦争期に共和国グランド・アーミーが使用した全地形対応索敵トランスポートの改良型だった。

特徴

クワット・ドライブ・ヤード社製全地形対応防衛ポッド(AT-DP)は、2足歩行のウォーカー兵器である。銀河共和国軍隊が使用した全地形対応索敵トランスポート(AT-RT)の改良型だった。スピーダー等を容易に破壊することができたマード38重レーザー砲で武装していた。コックピットの前部座席にパイロット1名、後部座席に砲手1名が乗り込んだ。警邏や短距離偵察任務に適しており、限られた人数で広いエリアをパトロールするのに向いていた。全地形対応偵察トランスポート(AT-ST)ほどの火力は持っていなかったため、まともな戦闘での活躍は期待できなかった。[1]

歴史

クローン戦争期に旧共和国が使用したAT-RTの改良型であるAT-DPウォーカーは、銀河帝国地上部隊によって使用されていた。パトロールを行うAT-DPの威圧的な姿には、反乱の気運を抑え込む意図があった。アウター・リム・テリトリー惑星ロザルの駐屯部隊はAT-DPを高く評価し、工場用地を占拠した地元農民を強制退去させる際にこのウォーカーを使用した。[1]

知られている機体

登場エピソード

参考資料

脚注

全地形対応ビークル
銀河共和国 AT-AP - AT-TE - AT-RT - AT-OT
銀河帝国 AT-ACT - AT-AT (初期型 - エリート) - AT-DP - AT-DT - AT-MP (Mk III) - AT-ST (Mk III) - AT-PT
ファースト・オーダー AT-AT - AT-HH - AT-HS - AT-MA - AT-M6 - AT-PD - AT-ST
[テンプレート]
帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。