Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「これは哲学の問題ではありません。もっと兵士が必要です。共和国は分離主義者がこれ以上支配域を増やすのを見過ごしてはなりません」
グーム・サーム元老院議員[出典]

21 BBY銀河元老院インターギャラクティック銀行グループから新たにクレジットを借り入れるための法案が話し合われた。クローン戦争中、共和国グランド・アーミー独立星系連合ドロイド軍との戦いで多大な犠牲を出しており、クローン・トルーパーを増産するには更なる防衛費を捻出する必要があった。この財政再建法案はイシ・ティブ種族グーム・サーム元老院議員によって作成・提案され、多くの賛同を得たが、共和国に新しいローンの返済能力があるのかという疑問点が指摘された。サームはこの疑問に対する答えとして、法案に銀行への規制撤廃の条項を盛り込んだ。この法案では、共和国がローンを無条件で組める代わり、銀行が高金利を設定できることになっていた。

反戦論者として知られる多くの議員がこの法案に反対し、銀行の規制を撤廃してこれ以上のローンを組めば、共和国の財政は破綻すると主張した。規制緩和は特に熱い議論の的となったが、戦争によって利益を得ている複合企業の代表者であるサーム議員、ロット・ドッド議員、ニクス・カード議員(それぞれテクノ・ユニオントレード・フェデレーション、銀行グループを代表)はなんとしてもこの法案を通過させようとした。法案反対派の主要人物であるナブーパドメ・アミダラ議員は、これ以上軍備にクレジットを割くよりも平和的な交渉によって戦争終結の道を探るべきだと呼びかけた。

アミダラは分離主義元老院の友人ミーナ・ボンテリと協力して和平交渉案をまとめようとしたが、サーム、ドッド、カードは連合の国家主席ドゥークー伯爵との秘密の関係を利用し、共和国の首都惑星コルサントへのテロ攻撃を手引きした。分離主義勢力のデモリッション・ドロイドによって爆破事件が引き起こされると、共和国の議員たちは和平交渉案への熱意を無くし、代わりにサームの法案が議会を通過した。その直後には、軍隊拡大のための法案ハリー・バトーニ議員から提案された。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。