FANDOM


分離主義勢力前哨基地(Separatist outpost)は惑星フェルーシアに設置されていた独立星系連合の軍事施設。クローン戦争中、Tシリーズ・タクティカル・ドロイドTZ-33が基地の司令官を務め、B1バトル・ドロイドBXシリーズ・ドロイド・コマンドーDSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイドから成るドロイド部隊が駐屯していた。この前哨基地は第二次フェルーシアの戦いジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカープロ・クーン率いる共和国軍によって制圧された。

歴史

クローン戦争中、独立星系連合銀河共和国惑星フェルーシアの支配権を巡って長期戦を繰り広げた。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノがフェルーシアに派遣されたことを知ったグリーヴァス将軍は、タクティカル・ドロイドTZ-33の前哨基地に増援部隊を載せたC-9979着陸船を送った。その直後、スカイウォーカー、タノ、ジェダイ・マスタープロ・クーンウルフパック部隊のクローン・トルーパーを率いて前哨基地を取り囲んだ。

AT-TEウォーカー隊が砲撃を開始した後、共和国軍は3方向から一斉に攻撃を開始した。スカイウォーカーとクローン・キャプテンレックスの隊は正面ゲートから基地内に突入し、クーンとクローン・コマンダーウォルフの隊、タノとコメット伍長の隊はそれぞれジェットパックアセンション・ケーブルを使って防壁を登った。ジェダイとクローン・トルーパーは基地をあっという間に攻略したが、タノは戦いのさなかにトランドーシャンのハンター・ロ=ターレンに襲われ、衛星ワスカーへ連れ去られた。基地制圧後、スカイウォーカーは行方不明のパダワンを探したがどこにも見つからず、やむをえず捜索を打ち切ってコルサントへ引き上げた。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。