Fandom


Ordinance lifter

軍需品リフター・ドロイド

労働ドロイド(Labor droid)[1]、あるいはワーカー・ドロイド(Worker droid)[2]輸送船からの貨物の積み下ろし[3] や廃品になった金属の集積[4] といった作業仕事に従事するために設計されたドロイドの総称である。[1] 労働ドロイドは特定の作業にのみ特化するため単純化されており、危険な環境における重労働から、作業現場全体の運営効率維持にいたるまで、それぞれの専門に応じてさまざまな役割を果たした。これらのドロイドは社会に不可欠な存在だが、物事を深く考えたり会話したりすることは得意としておらず、中にはドロイド脳を持たない種類まであった。そうした労働ドロイドは自律して動く代わりに、中央コンピューターによって制御されていた。多くの労働ドロイドは第5級に分類される。[5]

主な労働ドロイド

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。