Fandom


「共和国銀河元老院の名のもとに、議長、あなたを逮捕する」
「私を脅迫するのか、マスター・ジェダイ?」
「元老院が貴様の運命を決める」
「元老院はこの私だ!」
「まだ違う」
「ではこれは反逆だ」
メイス・ウィンドゥパルパティーン[出典]
Duel on Coruscant

パルパティーン最高議長は自分を逮捕しにやってきたジェダイを反逆者とみなした

反逆罪(Treason/Treachery)は合法的に認められた政府や、政府の公人に対して行われる犯罪行為である。クローン戦争の終盤、ジェダイ・オーダー銀河共和国国家の転覆を試みた反逆者とみなされ、処刑対象となった。銀河帝国においては、国家やその政策の悪口を言っただけで反逆罪として扱われ、司法手続きも無く現行犯逮捕の対象となった。反逆罪を犯した人物は“反逆者”(Traitor)と呼ばれる。

歴史

銀河共和国

クローン戦争中のヒスリックの任務の後、ジェダイ・マスタープロセット・ディブスは仲間のジェダイであるメイス・ウィンドゥと敵対し、反逆罪を犯した。ディブスはジェダイ共和国グランド・アーミーで果たす役割に幻滅し、怒りを抱いていた。本人の予想に反し、ディブスはウィンドゥの要請で刑にはならず、更生にかけられることになった。[1]

RexArrestsKrell-Carnage

ドゥークー伯爵の仲間に加わるため反逆行為を犯したポング・クレル将軍

20 BBYアンバラの戦いのさなか、ジェダイ将軍ポング・クレルが共和国の反逆者であることが発覚した。独立星系連合ドゥークー伯爵に内通していたクレルは、指揮下のクローン・トルーパーを大勢死なせて拘束されたあと、トルーパー・ドグマによって射殺された。[2]

19 BBY、ジェダイ・パダワンアソーカ・タノジェダイ・テンプル格納庫爆破事件の濡れ衣を着せられ、共和国とジェダイ・オーダーに対する反逆罪と殺人罪で裁判にかけられた。裁判のさなか、真犯人のバリス・オフィーが捕まったためアソーカの容疑は晴れたが、彼女は自分を追放処分にしたジェダイ・オーダーを信じられなくなり、そのままジェダイを去った。[3]

戦争の終盤、最高議長シーヴ・パルパティーンの正体がシスの暗黒卿であることを知ったメイス・ウィンドゥは、仲間のジェダイとともに議長の逮捕を試みた。パルパティーンは彼らの行為を反逆罪とみなし、ライトセーバー対決を繰り広げた。この事件をきっかけに、ジェダイ・オーダーのメンバー全員が国家の反逆者というレッテルを貼られ、オーダー66の処刑対象となった。[4]

銀河帝国

Questioned Loyalty AtG

帝国は反逆者に対して厳しい措置をとった

5 BBYロザル果物屋であるヨーファーは、カンバーレイン・アレスコ司令官マイルズ・グリント管理官から商売の許可証を持っていないことを指摘された際、帝国のせいでロザルの暮らしがひどくなったと文句を言った。アレスコはヨーファーの発言は反逆行為に値するとしてその場で逮捕しようとしたが、エズラ・ブリッジャーが騒ぎを起こしたため、果物売りは見逃されることになった。[5]

4 BBY、帝国がロザルを包囲した後、帝国のやり方についていけなくなったマーケス・チュア大臣は、反乱者のグループに接触して亡命を求めた。帝国に処刑されることを恐れていたチュア大臣は、自分が逃げる手伝いをしてくれれば、反乱者に有益な情報を提供すると申し出た。しかしチュアはキャピタル・シティから脱出しようとした際に帝国に殺され、反乱者たちに大臣暗殺の濡れ衣が着せられた。[6]

2 BBY帝国元老院モン・モスマ議員は帝国が行ったゴーマンの虐殺を公然と批判したため反逆者とみなされた。彼女は逃亡を余儀なくされ、反乱者のグループと合流して正式に共和国再建のための同盟(反乱同盟)を設立した。[7]

0 BBYダース・ヴェイダーデス・スター設計図を運んでいたプリンセスレイア・オーガナ捕まえ、彼女を「反乱同盟のメンバーで反逆者」と呼んだ。[8]

ファースト・オーダー

34 ABYファースト・オーダーストームトルーパーFN-2187レジスタンスの捕虜ポー・ダメロン脱走を手伝うという反逆行為を犯した。その後彼は“フィン”と名を変え、レジスタンスの任務を手伝った。ストームトルーパーFN-2199は、タコダナの戦いでフィンと遭遇した際、かつての同僚を反逆者と糾弾した。[9]

ファースト・オーダーは反逆罪に対して厳しい処分を下し、反逆者の処刑執行を専門とするエクセキューショナー・トルーパーという専門の兵士がいた。エクセキューショナー・トルーパーはレーザー・アックスと呼ばれる武器を使って反逆者の断頭を執行した。[10]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。