Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「チアータ将軍、分離主義者のドレッドノートに大きな損害を与えました。残念ながら、こちらの艦もやられています。被害はありますが、最後まで戦いましょう。ご一緒します。ご存知の通り私はこのまま退く気はありません」
―クローン・コマンダー[出典]

このクローン・コマンダージェダイ将軍チアータに仕え、クローン戦争銀河共和国のために戦った。19 BBY、彼はチアータやそのパダワンであるマーセフとともにヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り込み、分離主義勢力ドレッドノートとの戦いに参加した。しかし彼らのスター・デストロイヤーは戦闘でダメージを負い、惑星ゼフォへの墜落を余儀なくされた。[2]

墜落を生き延びたコマンダーは姿が見当たらないマーセフの捜索を始めようとしたが、その直後にオーダー66が発令された。コマンダーたちはこの緊急指令に従い、墜落船の中でジェダイ・マスターとその弟子の命を付け狙った。ジェダイは命を落としたが、コマンダーもライトセーバーで切られて戦死した。14 BBY、オーダー66の生存者であるカル・ケスティスがヴェネター級艦の残骸を訪れ、通信装置に残されていたクローン・コマンダーのホログラムを再生した。[2]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。