Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「専門分野をエクソゴースに変更しようと思っているんです」
「一回中に入るだけじゃ物足りないのかい?」
「別の内部にどんな驚異が隠されているかは、わからないでしょう?」
―生物学者とルーク・スカイウォーカー[出典]

この生物学者ヒューマノイド種族女性で、エクソゴース研究の専門家である。バーレス大学の学生だった頃、彼女はアゴリバ=ツ星系で生命の発生や進化を調査するフィールドワークを行っていた。惑星アゴリバ=アドで調査を行った後、彼女は次の目的地であるアゴリバ=イーナまで運んでくれるパイロットを探すため大学ビーコンを起動した。彼女はジェダイルーク・スカイウォーカーに拾われ、2人乗りに改造されたAウイングに同乗したが、小惑星帯を飛行していたときに奇妙な光の玉を発見した。彼女たちはこの光に興味を持ち、大きな小惑星の中へ入った。しかし2人が洞窟だと思い込んだその穴は、巨大なエクソゴースの中だった。彼女たちは外に出ることができなくなり、この宇宙生物の体内を深く深くへと探検することになった。[1]

生物学者とルークは、エクソゴースの体の中に独自の生態系と、知覚種族が残した光る痕跡を発見した。彼女はルークに助けられながら数日間にわたってエクソゴースの体内を旅し、この生物に関する知識を蓄えた。最終的に2人は、繭にくるまれた“霧の織り手”、シャリーンアグリクウクエを発見した。この3名のフォース感応者たちは、太古の昔にエクソゴースの中に囚われた後、長年にわたって冒険者たちの来訪を待ち続けていたのである。ルークは霧の織り手たちと意思疎通し、ライトセーバーを使って彼らの繭を切り開いた。織り手たちは“輝ける霧”の力を用い、自らを犠牲にして2人をエクソゴースの外に出した。この冒険の後、生物学者はエクソゴースを自分の専門分野に選ぶことに決めた。[1]

制作の舞台裏

このキャラクターは2017年発売のケン・リュウによる小説『ルーク・スカイウォーカーの都市伝説』で初登場を果たした。ゼータは本作の第6章「中は広い」の主人公である。本章は、この生物学者から話を聞いたグコルという名の少年が語った物語という設定になっている。[1] また「中は広い」は2020年発売のコミックThe Legends of Luke Skywalker: The Manga』で漫画化されている。作者は姫川明[2]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。