Fandom


(登場作品)
43行: 43行:
 
*{{Rebels|ヘラの英雄}}
 
*{{Rebels|ヘラの英雄}}
 
*{{Rebels|アイアン中隊(エピソード)|アイアン中隊}}
 
*{{Rebels|アイアン中隊(エピソード)|アイアン中隊}}
*{{Rebels|An Inside Man}}
+
*{{Rebels|内通者}}
  +
*{{Rebels|Warhead}}
  +
*{{Rebels|Through Imperial Eyes}}
  +
*{{Rebels|Secret Cargo}}
  +
*{{Rebels|Double Agent Droid}} {{Mo}}
  +
*{{Rebels|Zero Hour}}
 
*[[アフターマス]] {{1stm}}
 
*[[アフターマス]] {{1stm}}
 
*[[アフターマス:命の借り]] {{1st}}
 
*[[アフターマス:命の借り]] {{1st}}
  +
*[[アフターマス:帝国の終焉]]
  +
 
{{interlang
 
{{interlang
 
|en=Grand_Admiral
 
|en=Grand_Admiral

2017年3月22日 (水) 11:55時点における版

Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「大提督?」
「バトンでの勝利を受け、皇帝陛下より任じられた」
カシウス・コンスタンチン提督スローン大提督[出典]

大提督(Grand Admiral)は銀河帝国宇宙艦隊で使用されていた階級である。提督よりも上位の階級で、特徴的な白い軍服を着用した。初期反乱軍との戦いで活躍したミスローニュルオド(スローン)や、エンドアの戦い以降に帝国宇宙軍の残存勢力を指揮したレイ・スローンが知られる。

概要

大提督は帝国軍全体で見ても高位の階級で、大提督に任命されるのはとても名誉なこととされていた。また、一部の帝国軍将校新共和国ギアル・アクバー元帥を大提督と呼んでいたが、これは新共和国内で使われていた正式な階級ではない。

歴史

2 BBY銀河帝国皇帝シーヴ・パルパティーンバトン戦いを勝利へ導いたチス種族帝国軍将校ミスローニュルオド(スローン)を大提督に任命した。その後、スローンと彼の率いる第7艦隊は急激な成長を遂げていた反乱軍の撲滅作戦に参加することになる。

4 ABYに帝国がエンドアの戦いで大敗を喫し、アキヴァにおける緊急サミットが失敗に終わった後、レイ・スローンが大提督となって帝国宇宙軍残存勢力の指揮を執った。

軍服

Blue Glass Arrow 詳細は大提督の軍服を参照

一般的に灰色のチュニックが多い帝国軍将校の軍服とは異なり、大提督は金色の肩章がついた純白の軍服を着用した。帝国軍においては、職務よりも地位を強調するかのような、こうした装飾付きの軍服はまれだった。

制作の舞台裏

MP-Thrawn

レジェンズのメディアにおけるスローン大提督

スター・ウォーズ・ユニバースにおける大提督の初出は、1991年発表の小説『帝国の後継者』である。小説家ティモシイ・ザーンが生み出したヴィラン、スローン大提督が本作で初登場を果たした。政治的権力者やダークサイダーとは方向性の異なる悪役をつくるにあたり、階級がただの提督では平凡すぎると考えていたザーンは、ウィリアム・L・シャイラーの歴史書『第三帝国の興亡』を読んでいたときにドイツ海軍で大提督という階級が使われていたことを知り、これを採用することに決めた。

正史世界観においては、2015年発売の小説『アフターマス』(チャック・ウェンディグ著)で初めて大提督について言及された。また、翌2016年にはスローン大提督が正史のアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち/影の中へ』に登場した。

登場作品

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。