Fandom


(参考資料:clean up, removed: /Canon)
(top:clean up, removed: legends=)
1行: 1行:
{{Eras|legends=大気/レジェンズ}}
+
{{Eras|type=canon}}
 
[[File:TheVoid-ASDitV.png|thumb|250px|惑星[[アバファー]]のオレンジ[[色]]の大気]]
 
[[File:TheVoid-ASDitV.png|thumb|250px|惑星[[アバファー]]のオレンジ[[色]]の大気]]
 
'''大気'''(Atmosphere)は質量の大きい天体を覆う気体の層である。[[惑星]]や[[衛星]]、大型の[[小惑星]]等に存在した。[[銀河系]]のほとんどの[[種族]]は、呼吸するために大気を必要とした。[[銀河共和国]]や[[銀河帝国]]で優位を占めた[[人間]]種族の場合、大気内に十分な量の[[酸素]]がなければ生活できなかった。
 
'''大気'''(Atmosphere)は質量の大きい天体を覆う気体の層である。[[惑星]]や[[衛星]]、大型の[[小惑星]]等に存在した。[[銀河系]]のほとんどの[[種族]]は、呼吸するために大気を必要とした。[[銀河共和国]]や[[銀河帝国]]で優位を占めた[[人間]]種族の場合、大気内に十分な量の[[酸素]]がなければ生活できなかった。

2016年5月14日 (土) 08:28時点における版

TheVoid-ASDitV

惑星アバファーのオレンジの大気

大気(Atmosphere)は質量の大きい天体を覆う気体の層である。惑星衛星、大型の小惑星等に存在した。銀河系のほとんどの種族は、呼吸するために大気を必要とした。銀河共和国銀河帝国で優位を占めた人間種族の場合、大気内に十分な量の酸素がなければ生活できなかった。

文化

銀河系知覚種族リパルサーリフトと呼ばれる反重力テクノロジーを搭載した乗り物(リパルサークラフト)を使って大気圏内を移動した。タトゥイーンのような乾燥した砂漠の惑星では、大気中から水分を集めるために水分凝結機が使用されていた。また、種族にとって有害な大気中で活動するために呼吸マスクやヘルメットが使われることがあった。ガスに覆われた惑星ベスピンでは、「ライフ・ゾーン」と呼ばれる高高度の呼吸可能な大気中にクラウド・シティが建造された。

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。