Wookieepedia
Advertisement
「モス・アイズリー宇宙港だ。これ以上無いほどの悪党や下衆であふれかえっている。用心することだ」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

タトゥイーンのモス・アイズリー宇宙港から飛翔する<ハウンズ・トゥース

宇宙港(Spaceport)、あるいはスターポート(Starport)は、スターシップが離着陸を行うための施設である。しばしば複数のドッキング・ベイを有し、パイロットたちが集まる飲食施設なども併設されていた。公式記録には記載されない、非合法な活動が行われる宇宙港はシャドウポートと呼ばれた。砂漠惑星タトゥイーンには、モス・アイズリーと呼ばれる宇宙港の街があった。

概要

多くの宇宙港は似通った特徴を備えていた。たとえ建物が豪華で、陽気な音楽が流れ、ホログラムのフラッグがタワーに掲げられていたとしても、その表面化には銀河社会の残りカスが隠れていた。宇宙港にはハイパー燃料のにおいが漂い、騒音と喧騒に満ちていた。荷物が積み下ろされる中、乗客は出発の時を待ち、ある者は恋人と再会し、ある者は家族と引き離されるなど、希望と絶望が同居していた。宇宙港はセンサーから隠れるのに最適な場所でもあり、泥棒密輸業者、殺し屋、賞金稼ぎといった人種が誰かの財布や命、またはその両方を狙って宇宙港を訪れた。[1]

賑やかな宇宙港には必ずと言っていいほど、密輸業者などのいかがわしい人種が取り引きを行う飲食施設が存在した。しかし闇市場の品を手に入れるのに必要なパスコードは一握りの者しか知らなかった。例えばタトゥイーンのモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンのカンティーナでは、ノヴァ・ブラスターを注文した際に材料のコレリアン・ブランデーサヴァリーン・ブランデーで代用するよう頼むのがパスコードになっており、この注文をするとバーの裏手にある秘密の武器庫へ案内された。[2]

参考資料

脚注

Advertisement