Fandom


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

完全に運用可能』(原題:Fully Operational)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はベス・レヴィス

あらすじ

デス・スターが完全に運用可能になるまで自分たちは脆弱な状況に置かれている」というカシオ・タッグ将軍の主張は、統合本部の会議で誰にも聞き入れてもらえなかった。そして皇帝帝国元老院を解散させたと言うニュースが彼に追い打ちをかけた。タッグの考えでは、“最強の兵器”とは人々に服従を強いる道具ではなく、むしろ人々を団結させて反乱へ駆り立てる元凶であり、それを止めることができるのは元老院の官僚主義だけなのだ。ブラスターを見せられた男は、それを自分の物にして歯向かう方法を探そうとするだろう。しかし法廷で争う権利があると教えれば、十中八九めんどうになって姿を消すだろう。元老院とはそういうものなのだ。

そんなタッグだが、会議中に自分の考えを改めざるを得ない一幕があった。これまでデス・スターを最強の兵器と仮定していたタッグは、同僚のモッティ提督が軽口を叩いてフォースの力を侮辱した瞬間、帝国最強の兵器と呼ぶにふさわしい存在が誰かを悟った。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。