Fandom


この記事は組織を扱っています。お探しの記事はパウアン尋問官かもしれません。
「ジェダイの騎士はほぼ抹殺した。だがお前の仕事はこれからだ、尋問官。皇帝は新たな脅威の出現を予知しておられる。フォースの子どもたちだ。彼らをジェダイにしてはならん」
ダース・ヴェイダー[出典]

尋問官(Inquisitor)、あるいは帝国尋問官(Imperial Inquisitors)はフォース感応者によって構成される銀河帝国の組織。フォースのダークサイドや赤い刃のダブル=ブレード回転式ライトセーバーを使いこなし、クローン戦争終結時にオーダー66を生き延びたジェダイの残党狩りを行ったことから、ジェダイ・ハンター(Jedi hunter)やレッド・ブレード(Red Blade)の異名でも知られた。彼らはシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーのもとで訓練を積み、ジェダイ・テンプルの記録を利用して敵を研究した。尋問官のメンバーはいずれも過去にジェダイ・オーダーと何らかの関りを持ち、ヤヴィンの戦いの数年前に大尋問官を務めたパウアンの男性もかつてはジェダイ・ナイトだった。

ヤヴィンの戦い以前の数年間、尋問官たちは惑星ロザルに拠点を置く反乱者と戦いを繰り広げた。この反乱分子には、オーダー66を生き延びたジェダイ・ケイナン・ジャラスと、彼の弟子であるエズラ・ブリッジャーが所属していた。パウアンの大尋問官がジャラスとの対決で命を落とした後、ジェダイ脱退者のアソーカ・タノが反乱ネットワークの一員として活動していることが発覚し、尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスターが新たに戦いに加わった。一方、尋問官エイス・ブラザーは元シス卿ダース・モールの捜索任務を遂行した。彼ら3人の尋問官は、シスの惑星マラコアで反乱者のジェダイやモールとの最後の対決に臨み、敗北を喫した。

Moff Jerjerrod 2

皇帝陛下は工事の遅れに強い不満をお持ちだ…

現在、この記事で大幅な編集作業が行われています。

編集者間の争いを避けるため、礼儀としてこの記事への編集を控えてください。現在の記事編集者を知りたい場合は、編集履歴を参照してください。

歴史

シスの手先

「かつてのライトサイドの奴隷たちは目覚めた。今や狩人ぞ」
「何を狩るのです?」
「当然ジェダイよ」
―ダース・シディアスとダース・ヴェイダー[出典]
Inquisitorius Vader Comic

尋問官本部に集まったメンバー

クローン戦争終結時、最高議長シーヴ・パルパティーン銀河共和国を解体して銀河帝国を創設し、ジェダイ・オーダーを国家の敵対者と見なした。パルパティーンはジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥが自分を殺そうとしたことを口実に利用し、オーダー66を発令して“ジェダイの粛清”を開始する。これに伴い、クローン戦争の戦場で戦っていたジェダイ将軍の大半は、部下のクローン・トルーパーに不意を突かれて命を落とした。しかし、攻撃を生き延びたマスター・オビ=ワン・ケノービジェダイ・テンプルから警告信号を発信したおかげで、一部のジェダイは帝国の奇襲や罠を逃れて身を隠すことに成功する。[13] ジェダイの生存者が新国家の脅威となることを恐れた皇帝パルパティーンは、“尋問官”を組織して残党の討伐を任せることにした。[14]

パルパティーンは長年にわたってこの「尋問官計画」に取り組んでおり、19 BBYに帝国が設立された直後の時点で、フォースのダークサイドの訓練を積んだ戦士たちの準備が既に整っていた。[2] 尋問官はダークサイドに転向したジェダイで構成されており[3]大尋問官は元ジェダイ・テンプル・ガード[15]エイス・ブラザーはかつてプロセット・ディブスという名のジェダイ・マスターだった。[10] 帝国が誕生して間もない頃、皇帝のシス・アプレンティスであるダース・ヴェイダーはジェダイ・テンプルで大尋問官と遭遇し、“尋問官計画”の存在を知った。皇帝はヴェイダーをコルサントの工業区画ザ・ワークスにある尋問官本部へ連れていき、そこに集まった尋問官たちの訓練の模様を見せた。ヴェイダーは、尋問官たちが自分の代替要員ではないかと疑いつつも[2]、彼らに戦闘訓練をつける役目を担うことになった。ヴェイダーは訓練の一環として、ライトセーバーの模擬戦のさなかに尋問官たちの体の一部を実際に切断し、より攻撃的に戰うために必要な教訓なのだと説いた。[3]

ジェダイ狩り

「自分が何を解き放ったか分からないだろう。死よりも遥かに恐ろしいものがあるのだ」
―ケイナン・ジャラスに対し、大尋問官[出典]
Fifth Brother and Seventh Sister

尋問官フィフス・ブラザーとセヴンス・シスター

5 BBY、ジェダイの生き残りがアウター・リム・テリトリーの惑星ロザル反乱分子を指揮しているという報告が入ると、ダース・ヴェイダーは調査のため大尋問官を現地へ派遣した。複数回に渡る遭遇の末、大尋問官はグランドモフウィルハフ・ターキンと協力してジェダイのケイナン・ジャラスを捕まえることに成功する。ターキンはジャラスをインペリアル級スター・デストロイヤーソヴリン>に監禁し、拷問のためムスタファー星系へ運んだが、反乱者たちがジャラスの救出に駆け付け、小規模な戦闘が発生した。大尋問官は<ソヴリン>の艦内でジャラスとその弟子エズラ・ブリッジャーの行く手を阻んだが、ライトセーバーの決闘に敗れ、自ら命を絶った。

4 BBY、ロザルの反乱分子やフェニックス艦隊交戦したダース・ヴェイダーは、彼がかつてジェダイだった頃の弟子、アソーカ・タノが生きていたことを知った。ヴェイダーから報告を受けた皇帝パルパティーンは、反乱軍討伐任務に別の尋問官を投入するよう命じ、フィフス・ブラザーセヴンス・シスターが新たに反乱者たちとの戦いに加わった。2人は廃棄された共和国医療ステーションの中で初めて<ゴースト>のクルーの前に姿を現し、エズラ・ブリッジャーとサビーヌ・レンを追い詰めた。しかし反乱者ガラゼブ・オレリオスがブリッジャーたちの窮地を救い、反乱者たちは<ファントム>に乗って医療ステーションから逃げ去った。

ムスタファーにおける大尋問官の死は、他の尋問官にとって衝撃のニュースであると同時に、空位となった大尋問官の座を手に入れるチャンスの到来でもあった。セヴンス・シスターとフィフス・ブラザー以外にも、複数の尋問官がジェダイ捜索のため銀河に散らばった。一方、ムスタファーから発信された信号を解析したアソーカ・タノは、尋問官がジェダイ討伐と同時進行で第2の任務を遂行していることを突き止めた。タノはシャンデル上空で尋問官に襲撃されたシャトルを発見し、彼らがフォース感応能力を持つ赤ん坊を狙っていることを知る。その後、タノと反乱者たちは惑星タコーボでフィフス・ブラザー、セヴンス・シスターと対決し、赤ん坊のアローラパイピーを救い出した。この事件の直後、2人の尋問官はガレル・シティで反乱分子の掃討作戦に参加したが、敵の逃走を許してしまう。

3 BBY、フィフス・ブラザーとセヴンス・シスターは数か月にわたって反乱者のジェダイを追い続けた。惑星オーサロンで尋問官の攻撃を逃れた後、ジャラスとブリッジャー、タノは自分たちが尋問官に追われているせいで反乱軍の活動にも支障が出るのではと危惧し、対策を練り始めた。彼らはシスや尋問官と戦う術を求めてロザルのジェダイ・テンプルを訪れ、瞑想を行った。フィフス・ブラザーとセヴンス・シスターもジェダイを追ってテンプルを襲撃したが、ジェダイ・テンプル・ガードの幻影が彼らを妨害した。一方、テンプルから逃げ去ったジェダイたちは、フォース・ヴィジョンの中に現れたジェダイ・マスターヨーダの助言に従い、惑星マラコアへ向かうことになった。

マラコアの任務

The light and the dark

マラコアの戦い

ロザル・ジェダイ・テンプルの事件からしばらくして、ジャラス、ブリッジャー、タノはジェダイにとって禁忌の惑星であるマラコアを訪れた。到着後間もなく、3人は尋問官エイス・ブラザー襲撃を受けた。エイス・ブラザーはジェダイを追ってマラコアにやって来たのではなく、ダース・モール捜索任務で偶然この星に来ていたのである。エイス・ブラザーはジェダイに敗れて捕まったが、隙を見てフィフス・ブラザーやセヴンス・シスターに緊急メッセージを送った。また、戦闘中に他の仲間とはぐれたブリッジャーは、シス・テンプルの近くでモールと遭遇した。モールはブリッジャーを巧みに言いくるめ、シス・ホロクロンを手に入れる手伝いをさせた。

ホロクロンを入手した後、モールとブリッジャーは、フィフス・ブラザー、セヴンス・シスター、エイス・ブラザーと戦うジャラス、タノと合流した。尋問官がダース・ヴェイダーと連絡を取るため一時退却すると、モールはシスの秘密を手に入れるにはテンプルの最上階へ向かう必要があると嘘をつき、ジェダイと共に建物を登った(モールは黙っていたが、最上階にはホロクロンを設置するためのオベリスクがあり、超兵器の力を覚醒させるカギになっていた)。道中、モールはセヴンス・シスターをライトセーバーの対決で破り、タノと協力してフィスス・ブラザーも倒した。追い詰められたエイス・ブラザーは回転式ライトセーバーで逃げようとしたが、テンプルから落下して命を落とした。マラコアの任務の結果、反乱者たちと戦っていた3人の尋問官は全滅し、シス・ホロクロンもエズラ・ブリッジャーの所有物となった。 

狩りの終わり

「ジェダイは絶滅した。奴らの灯火はこの宇宙から消え失せたのだ。あの宗教の生き残りは、友よ、君1人だけだ」
―ウィルハフ・ターキン[出典]
ImperialsConferencing-ANH

ヤヴィンの戦い当時、尋問官はすでに活動を終えており、ダース・ヴェイダーは帝国で唯一のフォース感応者だと言われていた

マラコアの任務の約3年後、帝国内ではジェダイ・オーダーが過去の存在と見なされ、尋問官もその役目を終えていた。ヤヴィンの戦いの直前、初代デス・スター内でダース・ヴェイダーと会話を交わした時、グランドモフ・ウィルハフ・ターキンはジェダイは銀河系から消え失せたと断言し、彼らの生き残りはヴェイダーただ1人だと語った。

活動

Moff Jerjerrod 2

皇帝陛下は工事の遅れに強い不満をお持ちだ…

現在、この記事で大幅な編集作業が行われています。

編集者間の争いを避けるため、礼儀としてこの記事への編集を控えてください。現在の記事編集者を知りたい場合は、編集履歴を参照してください。

尋問官に与えられた最重要任務は、ジェダイの粛清を生き延びたジェダイの残党を見つけ出し、抹殺することだった。また、フォース感応能力を持つ人物(幼児や帝国軍士官候補生も含まれる)を捜索・誘拐することも彼らの仕事の1つだった。フォース感応者が銀河帝国と敵対する人物だった場合、尋問官の排除対象となった。尋問官たちは黒や灰色のボディスーツ、アーマーを着用し、ダブル=ブレード回転式ライトセーバーで武装した。彼らはこの武器を頭上で回転させ、ヘリコプターのようにして空を飛ぶこともできた。また、尋問官は元シス卿モール捜索など、ジェダイ討伐とは関係ない例外的なミッションを与えられることもあった。

組織

地位と指揮権

「こいつら一体何人いるんだ!?」
エズラ・ブリッジャー[出典]
Second Sister Inq Troopers

パージ・トルーパーを従えたセカンド・シスター

尋問官の正確な人数は秘密とされていたが、12人は存在することがわかっている。[16] 任務の性質上、尋問官は帝国軍の乗り物や兵士を徴発する権限を持ち、全ての将校が彼らの命令に服従した。[1][7][17] 帝国時代の初期、尋問官はゼータ級シャトルの<インファーナム>を移動手段として用い、クローン・トルーパーのエリート分隊であるパージ・トルーパーの指揮権を持っていた。[10] 帝国では、フォース感応者を発見した将校はただちに尋問官に報告を行うことになっていた。[4] しかし尋問官を“神秘主義者ども”と呼ぶカシウス・コンスタンチン提督のように、帝国軍内部にも尋問官を嫌う将校がいた。[8]

尋問官同士の関係

尋問官たちは任務のうえで互いに協力関係にあり、より大きな脅威に立ち向かう際には、しばしばチームを組んで任務にあたった。[10][11] 女性尋問官とトワイレックの尋問官に至っては、その関係が友情にまで発展し、ジェダイを殺すたびに、任務で訪れた惑星の特産品で祝杯を上げる仲になっていた。[11] しかしフォースのダークサイドの使用者である尋問官たちは力に貪欲で、互いに競争心を抱いていた。任務でモン・カラに到着した際、シックス・ブラザーは同僚のナインス・シスターやテンス・ブラザーから侮蔑の言葉を浴びせられた。[10]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。