Fandom


「尋問官のだ」
「もう彼には必要ないね」
―ケイナン・ジャラスとエズラ・ブリッジャー[出典]

尋問官のTIEアドバンスト(The Inquisitor's TIE Advanced)は帝国時代パウアン大尋問官が使用したTIEアドバンストv1プロトタイプである。ジェダイの生存者討伐任務に使用されていた。

特徴

The Inquisitors TIE DB

尋問官のTIEアドバンスト

大尋問官TIEアドバンストv1プロトタイプは照準センサーとソーラー・パネルを搭載していた。上部のハッチから出入りするコックピットは1人乗りだったが、詰めればもう1人乗せることができた。特殊な格納式の翼のおかげで、尋問官のTIEは標準的なTIE/ln制宙スターファイターよりも高速で移動することができた。武器は2門のレ―ザー砲で、20発のミサイルを搭載できた。

TIEアドバンストv1のプロダクション・バージョンとは異なり、大尋問官が使用した船のコックピットには生命維持装置が搭載されており、フライト・スーツを着用しなくても操縦することができた。この船にはハイパードライブが無かったため、他のTIEモデルと同様、長距離の移動の際には大型船を利用する必要があった。

歴史

ヤヴィンの戦いの5前の帝国の日、大尋問官は惑星ロザルキャピタル・シティでテロ行為を働いた反乱者たちを追跡するため、TIEアドバンストを使用した。ロザルの反乱者のリーダーは、ジェダイの生存者ケイナン・ジャラスだった。その後、インペリアル級スター・デストロイヤーソヴリン>で大尋問官を破った後、ジャラスとエズラ・ブリッジャーはTIEアドバンストを盗んで逃げ去った。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。