工作士官(Case officer)は銀河系の諜報機関で使われていた情報将校の肩書きである。工作士官は工作員を徴募したり、彼らの指揮を執る立場にあった。クローン戦争中、ドッド・ランシット銀河共和国情報部で工作士官を務め、分離主義勢力の領域に工作員を送り込んで抵抗運動を扇動していた。皇帝シーヴ・パルパティーン銀河帝国を設立した後、帝国保安局でも工作士官の肩書きが使用されるようになった。14 BBY当時、ステランは工作士官としてコルサントに駐在していた。[1]

登場エピソード

  • ターキン (初登場) (訳語は諜報活動士官工作指揮官

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。