Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

希望のヴィジョン』(原題:Vision of Hope)はテレビ・アニメ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』のシーズン1の第12話。

放送日

アメリカ

日本

放送局による作品紹介

アンチ帝国のアングラ放送で、反体制派に人気のトレイヴィス議員が、放送の中で暗号を用いロザル来訪と反乱者グループへの接触を希望してきた。ヴィジョンで議員との出会いを予見していたエズラは大興奮、チームは指定された会合場所、旧ロザル議事堂へ向かうが、帝国側も暗号を解読、周辺にトルーパーを配置、議員と反乱チームの一網打尽を狙っていた。エズラの案内で下水道を抜けて、議事堂内への潜入に成功した一同だが・・・。[1]

トリビア

  • 制作段階の仮題は『Lure』(エサ)だった。[2]
  • 冒頭のエズラのライトセーバー訓練で<ゴースト>のクルーが使っている訓練用の弾丸は、『候補生エズラ』のエピソードや、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で描かれたルーク・スカイウォーカー訓練リモートと同じ、低出力のスティンガー・ビームである。[2]
  • ブレント・スパイナー演じるガル・トレイヴィス議員が再登場(ホログラムではなく生身の人物としては初登場)する。[2]
  • トレイヴィスのドロイドはラルフ・マクォーリーのデザインにインスパイアされており、元老院のカラーリングとシンボルマークが施されている。[2]
  • チョッパーのボディに内蔵されている各種ツールの中に丸鋸があることが判明した。[2]
  • ロザル元老院ビルに飾られている壁画『新しい自由』は、アメリカで1935年から1943年にかけて制作されたWPAスタイルのアートに触発されている。この壁画から、かつてロザルでは農業だけでなく漁業も主要産業だったことが伺える。[2]
  • 下水管のパイプの蓋にはオーラベッシュで「LOCK」と書かれている。[2]

登場人物・用語

テーマ別目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

外部リンク

脚注

スター・ウォーズ 反乱者たち
短篇:1 · 2 · 3 · 4
シーズン1
1-2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15
シーズン2
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン3
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12–13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン4
1–2 · 3–4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15-16
帝国の奉仕者
銀河系の端 · 反乱者の潜入 · 帝国の正義 · 秘密のアカデミー
ヤング・リーダー書籍
エズラの賭け · 反乱者たち(1) 反乱の口火 · 反乱者たち(2) 帝国の日 · でんせつのはじまり
ゲーム
ゴースト・レイド · レベル・ストライク · レコン・ミッションズ
その他の媒体
反乱者たち マガジン · エズラ・ブリッジャーのレベル・ジャーナル · サビーヌ マイ・レベル・スケッチブック
ビジュアル・ガイド · エピック・バトル · ヘッド・トゥ・ヘッド
[edit]
Advertisement