Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

帝国の日』(原題:Empire Day)はテレビ・アニメ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』のシーズン1の第8話。

放送日

アメリカ

日本

放送局による作品紹介

銀河帝国建国15周年の祝典が行われる日、ロザルでもパレードが催され、多数のトルーパーエージェントカラス、それに尋問官が顔を見せていた。実はこれはシーボの捜索のため。シーボは帝国の秘密情報を脳にデータとして詰め込まれたまま逃走していた。それとは知らず、パレードで一騒ぎ起こしたケイナンたちはトルーパーに追われ廃屋へ。そこは幼いエズラが両親と過ごした懐かしの我が家。両親は帝国に逮捕されたのだった。[1]

トリビア

  • オールド・ジョーズ・ピット・ストップは非公式にジョザルと呼ばれている小規模な入植地の中心部にある。この街はキャピタル・シティから遠く離れた場所にある。[2]
  • オールド・ジョーズ・ピット・ストップにはクローン戦争期のジャンク品がたくさん飾られている。店頭に掲げられているのは<クラム・ボマー>ガンシップの機首であり、ジョーはこれが本物だと主張している。[2]
  • オールド・ジョーのネームタグにはアウター・リム・ベーシックのフォントで「JHO」と書かれている。アイソリアン種族銀河ベーシック標準語が話せないため、ジョーは通訳機を身につけている。[2]
  • 帝国設立時の記録ホロ(File Holo)は、皇帝パルパティーンが若くハンサムだった頃の姿に改ざんされている。暴君が国営メディアを利用して行う一般的な慣習である。[2]
  • 帝国の日の報道画面の底部には、黄色いテキストのみのニュースが流れており、ブー・ブー農場の住民が凶暴なロズ=キャットによる襲撃を受けたという悲劇的な物語が報じられている。[2]
  • 作曲家のケヴィン・カイナーは『エピソード5』や『エピソード6』でお馴染みの「帝国のマーチ」をアップビートなパレード版に編集し、本作で流れる帝国国家を作った。[2]
  • ブリッジャーの家には「帝国の所有物 立入禁止」(Property of the Empire STAY AYAY)、「警告」(WARNING)と書かれた看板が掲げられている。[2]
  • 初期のアウトラインでは、コブ・タイア(Cob Tier)という名のブリッジャー家人間の友人がシーボをエズラのもとへ連れてくることになっていたが、最終的のこのキャラクターはシーボと一体化した。[2]
  • シーボのハッティーズ語のセリフはまず英語で書かれ、のちにルーカスフィルム ストーリー・グループの職員パブロ・ヒダルゴによってエイリアン言語に翻訳された。[2]

登場人物・用語

テーマ別目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

外部リンク

脚注

スター・ウォーズ 反乱者たち
短篇:1 · 2 · 3 · 4
シーズン1
1-2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15
シーズン2
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン3
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12–13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン4
1–2 · 3–4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15-16
帝国の奉仕者
銀河系の端 · 反乱者の潜入 · 帝国の正義 · 秘密のアカデミー
ヤング・リーダー書籍
エズラの賭け · 反乱者たち(1) 反乱の口火 · 反乱者たち(2) 帝国の日 · でんせつのはじまり
ゲーム
ゴースト・レイド · レベル・ストライク · レコン・ミッションズ
その他の媒体
反乱者たち マガジン · エズラ・ブリッジャーのレベル・ジャーナル · サビーヌ マイ・レベル・スケッチブック
ビジュアル・ガイド · エピック・バトル · ヘッド・トゥ・ヘッド
[edit]
Advertisement