Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

18 BBY銀河帝国惑星モン・カラ占領した際に2門のレーザー砲を搭載した潜水艇を使用した。この潜水艇は2名のパイロットによって運用可能で、複数の乗客を運ぶことができた。

歴史

モン・カラの占領のさなか、シス卿ダース・ヴェイダーグレート・アンジネス・トレンチの深海に落下した際、尋問官たちは潜水艇に乗って救出に駆けつけた。その後、彼らはこの潜水艇でジェダイパダワンフェレン・バー隠れ家へ向かった。また同じ頃、モン・カラの南半球では複数の潜水艇がラダス提督率いるモン・カラ通商艦隊戦闘を繰り広げていた。[1]

制作の舞台裏

この潜水艇は2018年に刊行された正史コミック・シリーズ『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海原』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)に登場した。2003年に発売されたスター・ウォーズ レジェンズのTVゲーム『スター・ウォーズ ローグ スコードロン III』に登場する潜水艇を基にデザインされている。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。