正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

「われわれは帝国保安局の者だ。われわれの言葉が法則であり、われわれの決断が規則であり、われわれの行動が法なのだ」
ドレルフィン[出典]

帝国保安局[1]帝国保安部[2]帝国公安局[3]帝国軍保安部門[4](Imperial Security Bureau)は、略称のISBや、帝国保安サービス(Imperial Security Services)やインペリアル・セキュリティー(Imperial Security)といった呼び名でも知られた、銀河皇帝パルパティーン統治下の銀河帝国で活動した法執行機関内部情報組織である。惑星インペリアル・センターの巨大なISB中央オフィスを拠点としていた保安局は、帝国情報部とライバル関係にあった。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』では、帝国情報部の略称がISBと説明されており、ウルフ・ユレイレン(ユラーレン)の所属も情報部とされている。

参考資料

脚注

  1. スター・ウォーズ クロノロジー』(下巻33ページ)や『忠誠』による訳語。
  2. スター・ウォーズ・ユニバース』による訳語。
  3. スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』による訳語。
  4. スター・ウォーズ 全史』(下巻103ページ)による訳語。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。