Fandom


「公式記録に残しなさい。われわれは今後帝国未来議会として歴史に名を刻むことになります」
―レイ・スローネ[出典]

帝国未来議会(Imperial Future Council)はエンドアの戦いの直後にアウター・リム・テリトリーの惑星アキヴァに集まった帝国軍残存勢力の重要メンバーから成るグループ。議会の目的は皇帝シーヴ・パルパティーンを失い混乱状態にある銀河帝国を救うことだったが、議会招集を陰から指示したガリアス・ラックス元帥は、この会合を通して役に立つ部下を見極めようと企んでいた。ラックス元帥に仕えるレイ・スローネ提督を中心に、グランドモフヴァルコ・パンディオンユープ・タシュ顧問ジリア・シェール将軍、銀行家アーシン・クラッサスがアキヴァに集結した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。