FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
Alderaan

惑星オルデラン

惑星(Planet/World)は恒星の周囲を公転する天体である。[1] 惑星の中には、衛星と呼ばれる、自身を公転する小型の天体を持つものがあった。[2] 惑星を含む、恒星を中心とした天体の集まりは星系と呼ばれた。知覚種族の生存に適した環境を持つ惑星は、居住可能(habitable)惑星と呼ばれる。[3] 惑星は地殻惑星と[4]、さまざまなガスの集合体であるガス巨星に大別される。一般的にガス巨星は居住に適さないが、ベスピンクラウド・シティのように、大気圏高層の生存可能な部分に居住区が造られることがあった。[5] 同じ恒星を巡る惑星や衛星[2]小惑星などの天体をまとめて星系と呼び[6]銀河系には何千という星系が存在した。[7] 一般的に惑星は単一の恒星の軌道を周回するが、タトゥイーンのように、複数の太陽を巡る連星系の惑星も存在した。[1] 特定の人物や組織、種族の故郷の惑星を指し、“ホームワールド”という言葉が使われた。[8][9][10]

概要

銀河系には居住可能な惑星が数え切れないほど存在し、すみずみまで散在していた。そして各惑星にはそれぞれ独自の地勢や動植物相、そして不思議と驚異が存在した。古代、ハイパースペースの探索者が数千の星系を通る座標とハイパースペース・ルートを設定した。その多くに少なくともひとつは惑星と衛星が含まれており、それ以降も新たな星系が星図に追加されていった。[11]

遠く辺境の星の中には、驚くべき建造物を持つ星や、固有の知覚種族の文明を持つ星もあれば、野生生物が多く棲息する未開の星もあった。また多様な地形に恵まれる星もあれば、砂や氷やジャングルなど、単一の地理的条件に特徴づけられる星もあった。惑星コルサントは一兆人以上の市民が居住するコア・ワールドの中核であり、銀河の文化、教育、芸術、科学技術、財政の中心となっていた。しかし経済や法の規則、あるいは、統治政府による圧政によって、コアの惑星ではなくアウター・リム・テリトリーで暮らすことを選ぶ者も多かった。[11]

参考資料

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。