FANDOM


惑星防衛軍(Planetary defense forces)とは中央銀河系政府の支配下にある軍隊とは別に、個々の惑星が独自に持つ防衛部隊を指す。

歴史

クローン戦争以前、銀河共和国には正規の軍隊が存在しなかったが、加盟惑星はそれぞれコルサント本国防衛艦隊のような独自の防衛軍を持っていた。

新共和国銀河内戦に勝利した後、銀河元老院軍備縮小法が可決された。新共和国は銀河系最大の防衛軍として新共和国防衛艦隊を保持したが、その戦力や防衛力は大幅に削減された。その代わり新共和国は惑星防衛軍の育成および資金提供を強化することで銀河帝国による協定違反に備え、銀河共和国と同じ過ちを犯すのを避けようとした。銀河帝国の敗北から約30年後、帝国の残党は軍事国家ファースト・オーダーとして勢力を取り戻した。元老院がファースト・オーダーを脅威とみなさず、軍事行動を避け続けていることに失望したレイア・オーガナ将軍レジスタンスと呼ばれる私設軍隊を設立する。オーガナは新共和国軍と惑星防衛軍の双方から兵士を募り、かつて帝国による非道な抑圧を受けていた惑星の出身者たちが帝国の残党と戦うため多数レジスタンスに参加した。

知られている惑星防衛軍

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。