Wookieepedia
Advertisement

手話をするタスケン・レイダー

「見てください、ハンド・シグナルです」
イース・コスのサイン・ランゲージに気付いたアナキン・スカイウォーカー[出典]

手話サイン・ランゲージ(Sign language)は声の代わりにジェスチャーを使うコミュニケーション方法である。[1] ハンド・シグナル(Hand signal)とも呼ばれ、ジェスチャーにはと腕の所作や、手で作る形などが含まれる。[2] また手以外で行うジェスチャーもサイン・ランゲージに含まれる。例えば惑星ライロストワイレック種族は、頭部から垂れ下がったレックで感情を表現する独特なコミュニケーション方法を発達させていた。[1]

歴史

「おい、相棒。何をしているのか教えてくれよ」
―タスケン・レイダーと手話で会話するディン・ジャリンに対し、コブ・ヴァンス[出典]

クローン戦争中の21 BBY独立星系連合グリーヴァス将軍に捕まったジェダイ・マスターイース・コスは、ジェダイ最高評議会に自分の位置を伝えるため、ハンド・シグナルでハイパースペース座標を示した。グリーヴァスがコスを痛めつけているホログラム映像をジェダイ最高評議会に送りつけた際、クローン・コマンダーウォルフがハンド・シグナルに気付いてマスター・プロ・クーンに報告した。ジェダイたちは改めてホログラムを見直し、オビ=ワン・ケノービがシグナルを解読してコスがサルーカマイ星系にいることを突き止めた。[2]

9 ABY頃、マンダロリアン賞金稼ぎディン・ジャリンは同業者のトロ・カリカンと一緒に惑星タトゥイーンフェネック・シャンド捜索した際、デューン・シーで出くわしたタスケン・レイダーのグループと手話で交渉した。交渉の末、ジャリンは彼らの土地を通る許可を得るためジャリンのバイノキュラーを差し出した。[3] のちにタトゥイーンを再訪した際、ジャリンはモス・ペルゴの街を脅かすグレーター・クレイト・ドラゴンを討伐することになり、再びタスケンの部族と手話でコミュニケーションを取り、彼らと協力関係を結んだ。[4]

登場作品

参考資料

脚注

外部リンク

Advertisement