Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

ダブル=ブレード・ライトセーバーの一種に、折りたたみ式の機構を備え、非戦闘時に半分にたたんで容易に収納できるものがあった。この種のセーバーは基本的に、2本のシングル=ブレード・ライトセーバーを底部のヒンジで連結させた構造となっており[1]、一方の刃だけを起動したり[2]、折りたたんだ状態のまま起動することもできた。[3]

歴史

PongKrell-SWE

折りたたみ式の両刃セーバーを両手に持つポング・クレル

クローン戦争の時代、4本の腕を持つベサリスク種族ジェダイ・マスターポング・クレル将軍は、それぞれ青と緑のブレードを発する2本の折りたたみ式ライトセーバーを所有していた。[2] ドゥークー伯爵に内通していたクレルは、アンバラの戦いに参加した際に、独立星系連合との戦闘ではライトセーバーをほとんど使用せず、むしろ正体が露呈した後にクローン・トルーパーたちとの戦いでセーバーを振るった。[5]

また一部のジェダイ・テンプル・ガードは、彼らの伝統的武器であるライトセーバー・パイクではなく、黄色いブレードを発する2本の折りたたみ式ダブル=ブレード・ライトセーバーを携帯していた。ジェダイケイナン・ジャラスは、ロザル・ジェダイ・テンプルフォースのヴィジョンを経験した際に、折りたたみ式のセーバーを持つテンプル・ガードと戦った。[4]

制作の舞台裏

折りたたみ機構を持つダブル=ブレード・ライトセーバーは、2011年10月28日に放映されたTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズシーズン4第7話『アンバラの暗雲』で初登場を果たした。[2] 2019年8月24日、映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』の新映像がリリースされ、赤い刃の折りたたみ式セーバーを持つレイの姿が公開された。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

ライトセーバー
ライトセーバーのフォーム
フォームI - フォームII - フォームIII - フォームIV - フォームV - フォームVI - フォームVII
ライトセーバーの種類
ケイン・ライトセーバー - クロスガード・ライトセーバー - カーブド=ヒルト・ライトセーバー - ダークセーバー
ダブル=ブレード・ライトセーバー - ダブル=ブレード回転式ライトセーバー - デュアル=フェイズ・ライトセーバー
ライトセーバー=ブラスター - ライトセーバー・パイク - ライトセーバー・ライフル - ショート・ライトセーバー
ライトセーバーの部品
カイバー・クリスタル - 磁気安定リング - 焦点レンズ - ダイアチウム・パワー・セル - 不活性パワー・インシュレーター
ブレード・エミッター - ブレード出力調整器 - ブレード伸縮調整器 - ポメル・キャップ
関連記事
ギャザリング - ブリーディング - ライトセーバー戦 - ライトセーバー・ヒルト
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。