「帝国ではさらに多くの兵器を必要としている。ヴェルシオ提督から生産を倍にするよう命じられた。ここで生産される兵器はウエスタン・リーチでの作戦に必要不可欠である。組み立てラインについていない者はパトロールに当たれ。工場の稼働を悟られないことが重要になる。では全員作業に戻れ!」
工場の職員[出典]

放棄された武器保管施設(Abandoned weapons depot)は惑星サラストにあった銀河帝国の保管および製造施設である。この工場5 ABYの時点で表向きは放棄されたことになっていたが、ギャリック・ヴェルシオ提督の命令で密かに武器やビークルの製造を続け、ウエスタン・リーチでの作戦活動に貢献していた。帝国から離反したラルシウス・パルドラの情報に基づき、新共和国ランド・カルリジアン将軍シュリヴ・スールガヴが武器保管施設の調査を行い、製造ラインをマグマに沈めて帝国の武器生産に終止符を打った。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。