Fandom


(Updating interlanguage links (script))
 
(1人の利用者による、間の2版が非表示)
27行: 27行:
 
旧家には神聖な誓約がいくつか存在し、そのうちのひとつは“[[王家の封印]]”で守られた秘密を外部に明かしてはならないというものだった。旧家の最長老メンバーによって構成される統治評議会は、所属する王族に対して制裁を下す権限を持っていた。評議会はメンバーから王族の称号を剥奪し、旧家から追放することができた。
 
旧家には神聖な誓約がいくつか存在し、そのうちのひとつは“[[王家の封印]]”で守られた秘密を外部に明かしてはならないというものだった。旧家の最長老メンバーによって構成される統治評議会は、所属する王族に対して制裁を下す権限を持っていた。評議会はメンバーから王族の称号を剥奪し、旧家から追放することができた。
   
旧家の中には養子や養女をとる一族もあった。旧家が血筋の継承に介入することはなく、言いかえれば、王族の子として育てられさえすれば出自に関係なく本物の王族として扱われた。そのため、[[ベイル・オーガナ|ベイル]]と[[ブレ・オーガナ]]の養女である[[レイア・オーガナ]]も合法的な[[オルデラン]]の[[王子|プリンセス]]とみなされていた。
+
旧家の中には養子や養女をとる一族もあった。旧家が血筋の継承に介入することはなく、言いかえれば、王族の子として育てられさえすれば出自に関係なく本物の王族として扱われた。そのため、[[ベイル・オーガナ|ベイル]]と[[ブレ・オーガナ]]の養女である[[レイア・オーガナ]]も合法的な[[オルデラン]]の[[王子|プリンセス]]とみなされていた。
   
==登場作品==
+
==登場エピソード==
 
*[[レイア・オーガナ オルデラーンの王女]]
 
*[[レイア・オーガナ オルデラーンの王女]]
 
*[[ブラッドライン]] {{1st}} {{C|訳語は'''王家'''}}
 
*[[ブラッドライン]] {{1st}} {{C|訳語は'''王家'''}}
35行: 35行:
 
*{{SW|url=news/7-things-you-dont-know-about-star-wars-ブラッドライン-exclusive-interview|text=7 Things You Don't Know About ''Star Wars: ブラッドライン'' – Exclusive Interview!}}
 
*{{SW|url=news/7-things-you-dont-know-about-star-wars-ブラッドライン-exclusive-interview|text=7 Things You Don't Know About ''Star Wars: ブラッドライン'' – Exclusive Interview!}}
   
{{interlang
+
{{Interlang
 
|en=Elder Houses
 
|en=Elder Houses
 
}}
 
}}

2020年2月2日 (日) 00:54に更新

「ビレンの統治権は、普通なら長子の血筋が受け継ぐのですけれど、メロウィン卿にはお子様がおられなかったので、ビレンの王家はあなたが継承することになるんですのよ」
レイア・オーガナに対し、カリース・シンディアン[出典]

旧家(Elder Houses)は銀河系の由緒正しい家の家系から成るグループである。オーガナ家カリース・シンディアンの一族は旧家に属した。銀河内戦の数百ないし数千年前までは、旧家は熱心に君主制国家を支援していたが、新共和国時代には様相が変わり、以前よりも社会的な組織になっていた。この頃になると、旧家のメンバーのあいだでも昔のように血筋の継承をまじめに考える者は少なくなり、遺産の継承や、恒例式典に参加しなければならない理由としてしか考えていない者が大半だった。

旧家には神聖な誓約がいくつか存在し、そのうちのひとつは“王家の封印”で守られた秘密を外部に明かしてはならないというものだった。旧家の最長老メンバーによって構成される統治評議会は、所属する王族に対して制裁を下す権限を持っていた。評議会はメンバーから王族の称号を剥奪し、旧家から追放することができた。

旧家の中には養子や養女をとる一族もあった。旧家が血筋の継承に介入することはなく、言いかえれば、王族の子として育てられさえすれば出自に関係なく本物の王族として扱われた。そのため、ベイルブレア・オーガナの養女であるレイア・オーガナも合法的なオルデランプリンセスとみなされていた。

登場エピソード編集

参考資料編集

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。