FANDOM


この記事は部局を扱っています。 あなたが探しているのは部屋かもしれません。
「この事件に関する詳細な情報は封印されています」
「誰の権限で?」
「最高議長のオフィスです」
ジョカスタ・ヌーメイス・ウィンドゥ[出典]

最高議長のオフィス(Office of the Supreme Chancellor)は銀河共和国最高議長とその側近のスタッフによって構成される部局である。オフィスで2番目に高い役職である副議長は、銀河元老院の会議で議事進行役を務めた。また上級補佐官は国家の行政上の問題に関して最高議長を補佐した。

共和国時代の後期、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアスオバ・ダイアで命を落とした後、フィニス・ヴァローラム最高議長のオフィスの権限により、彼が携わっていた任務に関する情報が封印された。そのためジェダイ最高評議会ですらクローン戦争末期までサイフォ=ディアスの最後の任務の詳細を把握していなかった。シーヴ・パルパティーンがヴァローラムの後継者として議長になった後、オフィスの権力はクローン戦争の影響でかつてないほど肥大化した。共和国軍によって行われたスキピオ侵略の結果、最高議長のオフィスはインターギャラクティック銀行グループが所有する資産の支配権まで手に入れた。

クローン戦争終結直前、パルパティーンは最高議長のオフィスの代理人として、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーをジェダイ最高評議会の新メンバーに推薦した。最高評議会はスカイウォーカーの指名を受け入れたものの、彼にマスターの称号は与えなかった。その後間もなくパルパティーンは銀河帝国創設して自らその初代銀河皇帝となり、最高議長のオフィスも解体された。

役職

議長のオフィスは、銀河共和国の指導者である最高議長によって率いられた。[1] オフィスのメンバーである副議長銀河元老院の会議で進行役を務めた。[2] また上級行政補佐官は国家の運営上の問題に関して議長を手助けした。[3] 19 BBY当時、最高議長のオフィスによって指名されたメンバーがジェダイ最高評議会に議長の代理人として参加していた。[5]

ヴァローラム政権

フィニス・ヴァローラム最高議長の時代のオフィス・スタッフ:

パルパティーン政権

シーヴ・パルパティーン最高議長の時代のオフィス・スタッフ:

組織

分離主義危機やそれに続くクローン戦争の時代、最高議長のオフィスに関連して以下のような組織が存在した:

登場エピソード

脚注

銀河共和国
歴代最高議長 チェイセン・ピイアン - カルパナ - フィニス・ヴァローラム - シーヴ・パルパティーン
組織 銀河元老院最高議長 - 副議長 - 最高議長のオフィス - 元老院議員 - 下級代議員 - ロイヤリスト・コミッティー - 2,000人の議員) - ジュディシアル部門ジュディシアル・フォース) - 共和国情報部 - 共和国保護委員会 - 共和国工兵隊 - 共和国特殊兵器部門 - 戦略諮問委員会 - セネト・ガード - レッド・ガード
施設 元老院ビル銀河元老院会議場) - 元老院オフィス・ビル - 共和国軍事作戦センター
共和国軍の部隊 宇宙軍オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊
グランド・アーミーコルサント・ガード - ジェダイ・コマンダー - ジェダイ将軍 - 第212突撃大隊 - 第501軍団
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。