この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

栄光の瀬戸際』(原題:Verge of Greatness)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はパブロ・ヒダルゴ

あらすじ

“準備ができ次第撃て”。ウィルハフ・ターキンデス・スターでこの言葉を発する瞬間を20年以上も待った。一番最初にこの司令を下したのはジェダ・シティにおける実験を指揮したクレニック長官だが、実験が失敗した場合のリスクを考えれば、長官に先を越されるのはやむを得ないことだった。結局クレニックは政治というものをまるで理解していなかったせいで、ターキンが初めてこの言葉を発した時にスカリフで破滅を迎えることになったのだ。

スカリフの空に浮かぶデス・スターを眺めながら、クレニックはゲイレン・アーソの裏切りについて考えた。もしも自分が今デス・スターの指揮を執っていたなら、すぐにでもステーションの運用を中止させ、弱点の特定を急いだことだろう。しかしターキンは政治家であるがゆえにそれができない。デス・スターがスカリフに向けて緑色のレーザーを発射した時、クレニックはターキンの破滅を確信していた。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。