Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

スリザーホーン奏者のドーダ・ボドナウィードクルー・ホーン奏者のバークウィン・ダン

楽器(Musical instrument)はミュージシャン音楽を奏でるのに使う道具である。楽器には銀河系に住む生物ほどの多様性があり、カンティーナの騒々しいリズムから、情熱がこもったオペラの楽曲に至るまで、さまざまな音楽に使用された。一般的に弦楽器や管楽器はメロディーを奏で、打楽器は拍子をつけるのに使用された。楽器の中には、複数のパーツを用いてユニークなサウンドを奏でるものもあった。[1] 一般的に、音楽バンドは異なる楽器を演奏する複数のミュージシャンによって構成された。[2][3]

弦楽器

七弦ホリクセットを弾くカル・ケスティス

弦楽器(String instruments)は弦の振動を利用して音を奏でる楽器である。弦は手やピックを使って弾いたり、弓(Bow)と呼ばれる道具を用いて演奏された。[1] 同じ楽器でも奏者によって弦を弾く方法が違う場合があり、カル・ケスティスは指を使って7弦ホリクセットを演奏したが[4]シャグ・カヴァバンドサズウォーター・ディリフェイ・グロンは弓を使って演奏した。[5]

管楽器

バンドフィルを吹くナラン・チール

管楽器吹奏楽器(Wind instruments)は空気の流れで音を奏でる楽器である。一般的に、音を共振させる管と、空気を吹き込むマウスピースを備えていた。貝殻のホルンはいわば最もシンプルな共振器である。一方、フルーノープをはじめとする、より手の込んだ楽器の場合、鍵盤や様々な素材、形状を駆使することで幅広い音を生み出した。[1]

打楽器

ドラムを演奏するティーボ

打楽器(Percussion instruments)は打ったり叩いたりして音を奏でる楽器である。打撃には手を使うこともあれば、グンガン・ドラムスティックのような道具が使われることもあった。打楽器には、カスタ・ドラムのように極めて単調な音を奏でるものから、シロシャンのように複雑なメロディーを発するものまで、さまざまな種類があった。[1]

鍵盤楽器

レッド・ボール・ジェット・オルガンを演奏するマックス・レボ

鍵盤楽器(Keyboard)は鍵盤を操作することで演奏する楽器である。レッド・ボール・ジェット・オルガンの場合、21個の鍵盤が演奏者を囲むように配置されていた。[13]


複合楽器

グロウディ・ハーモニクを演奏するラッパーチュニー

複合楽器(Hybrid instruments)は複数の楽器の特徴を併せ持った楽器である。複合楽器を使えば、楽曲の複数のパートを単独で演奏することもできた。[1] 例えばグロウディ・ハーモニク水オルガンとフルートを組み合わせたような楽器だった。[13] こうした電子的複合楽器の多くは、希少な楽器を好む族やハット犯罪王といったパトロンたちによって収集されていた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版
Advertisement