Wookieepedia
Advertisement

「閣下、微量分析の結果、これはミディアン星系パサーナの、“禁じられた谷”のものであることがわかりました」
ティシュラ・カンディア将校[出典]

殻のネックレス(Husk necklace)は惑星パサーナに住むアキ=アキ種族が身につけていた黄色ネックレスである。[1]

歴史

ギマからネックレスを受け取ったレイ

35 ABYジェダイレイシス・ウェイファインダーの在り処の手がかりを掴むため、先祖の祭りのさなかに、惑星パサーナ禁じられた谷訪れた。彼女はそこで[1] 10代のアキ=アキの少女[2] ナンビ・ギマと出会った。[1] ギマは歓迎のしるしとして殻のネックレスをレイに渡し、家族の歴史を分かち合おうとした。[3] しかしレイはフォースに異変を感じ、ギマのもとを離れた。間もなくレイはフォースの絆を介してカイロ・レンと接触し、首にかけていたネックレスを、空間を超えて奪われてしまった。[1]

カイロ・レンはレイから手に入れたネックレスをファースト・オーダー情報士官であるティシュラ・カンディア将校に調べさせた。間もなくカンディアは、この首飾りがミディアン星系の惑星パサーナの、禁じられた谷のものであることを突き止めた。カイロは現地のファースト・オーダー軍に警戒態勢をとらせ、レイとレジスタンスの仲間たちを捕まえるために増援の師団レン騎士団を派遣した。[1]

制作の舞台裏

殻のネックレスは2019年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初めて登場した。[1] Husk necklace という名称は設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』(パブロ・ヒダルゴ著)で判明した。[2]

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement