Fandom


「惑星中で異常気象が起きているのなら、軌道上に操作装置があると見るべきです」
シャラ・ベイ中尉[出典]

気候操作網(Climate disruption array)は惑星に異常気候を引き起こし、嵐やハリケーンを発生させる人工衛星である。エンドアの戦いの20日後、シンダー作戦の遂行を任されたラー・デュヴァット艦長インペリアルII級スター・デストロイヤートーメント>は、惑星ナブーの軌道に気候操作網を放った。ナブーはしばらく火災と洪水に見舞われたが、ソーシャ・ソルーナ女王反乱同盟軍プリンセスレイア・オーガナシャラ・ベイ中尉たちの乗るN-1スターファイターが操作網を破壊し、援軍に駆け付けた同盟軍艦隊が帝国軍艦隊を撃退したことで、ナブーの危機は回避された。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。