Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「ライトセーバーではミサイルを爆発させてしまうな」
「では、打つ手がないと? 銀河に武名を轟かせながら海賊に敗れるとは…」
「否。これしき、苦境とも言えぬわ」
―ダース・ヴェイダーとオーン=アイ[出典]

銀河内戦中の0 ABYシスの暗黒卿ダース・ヴェイダー率いる銀河帝国ストームトルーパー部隊がアウター・リム・テリトリーの果てにある海賊団の基地を襲撃した。この戦いの直前、ヴェイダーは海賊による帝国の貨物強奪を阻止し、自動制御の海賊船を手に入れることに成功した。カシオ・タッグ大将軍の指示に従い、ヴェイダー率いる襲撃チームは修理した自動宇宙船の中に隠れ、船を海賊の本拠地へと送り返した。また、タッグから押し付けられた見張り役オーン=アイ中尉の存在を疎ましく思っていたヴェイダーは、この任務を利用して彼を排除しようと企んだ。襲撃チームが海賊の改良型ドロイデカと戦っていたとき、ヴェイダーのアストロメク・ドロイドはステーションのコンピューター室に先回りし、オーン=アイに濡れ衣を着せるための偽のデータを挿入した。間もなく海賊によってステーションの自爆装置が起動されたが、ヴェイダーは残されたわずかな時間でコンピューターの証拠を回収し、CR90コルベットで基地から脱出した。この任務の結果、ヴェイダーは海賊がクリモラ・シンジケートから資金提供を受けていたことを突き止め、同時にオーン=アイを処刑することに成功する。また、ヴェイダーは海賊に改良型のドロイデカを提供した人物の技術力に関心を抱き、ドクターチェリ・ローナ・アフラの捜索を開始した。

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。