Fandom


「おれたち全員、動きを止められ、酸の湖にほうりこまれるぞ!」
―鉱山施設のドロイド[出典]

深み(The Deep)は銀河系未知領域に属すオレンジ惑星涙のオパールと呼ばれる貴重な宝石の産地だった。地表には生命が存在しないが、軌道に浮かぶ宇宙ステーションジェム”は貴族たちの交流の場になっていた。

特徴

“深み”は銀河系未知領域に属し、生命が存在しない過酷な環境が広がっていた。深みは大気が濃すぎるため太陽の光が地表に届かず、不毛の土壌は鉛やスズが溶けてしまうほどの熱を持っており、ドロイドですらそこで長く活動するのは困難だった。分厚い雲からはが降り注ぎ、いつまでも続く闇の中で光るものは稲妻だけだった。深みで採れる鉱石には、涙のオパールと呼ばれる貴重な宝石が含まれていた。[1]

歴史

“深み”の軌道には“ジェム”と呼ばれる宇宙ステーションがあり、政府の面倒な規制を嫌う貴族たちが集まり、自由を謳歌していた。彼らは深みの地表に設けられた鉱山施設にドロイドの奴隷を送り出し、資金源である涙のオパールを採掘させていた。テクトジンウラム船長は、捕まえたドロイドを奴隷船でジェムへ運び、クルレエキやレディ・イキーたちに提供していた。[1]

ある時、アストロメク・ドロイドR2-D2が鉱山施設の奴隷に加わった。それから間もなく、このR2ユニット救うため、ジェダイルーク・スカイウォーカープロトコル・ドロイドに変装して深みに潜り込んだ。彼はゼータを始めとする奴隷ドロイドを解放し、ジェムにいた貴族たちを当局に引き渡すため拘束した。やがてこの物語はドロイドからドロイドへと語り継がれることになった。[1]

制作の舞台裏

“深み”は2017年に発売された正史小説『ルーク・スカイウォーカーの都市伝説』第四章「わたしはドロイド」(ケン・リュウ著)で初めて登場した惑星である。本書には、深みで戦うルーク・スカイウォーカーを描いたJ・G・ジョーンズによる挿絵が収録されている。[1] 2020年、「わたしはドロイド」は春壱によって漫画化された。[2]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。