Wookieepedia
Advertisement
この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

然るべき理由』(原題:Not for Nothing)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はムア・ラファティ

あらすじ

モーダル・ノーズのメンバー、イカベル・ゴントによる回想録……

バンド・リーダーであるフィグリン・ダンギャンブル癖が災いし、モーダル・ノーズはジャバへの借金を返すため1年以上もハット宮殿で演奏を続けた。借金を返済し、賞金稼ぎグリードの悪行をジャバに密告することで自由を取り戻したビスのバンドマンたちは、チャルマンが経営するカンティーナと新たに契約を交わした。この酒場の客層は最悪で、しばしばトラブルも発生したが、もしもそれでバンドの演奏が中断されようものならバーテンダーウーハーがゴントたちを睨みつけ、“然るべき理由も無く演奏を止めるな”と言い放つのだった。驚くべきことに、とある悪党の腕がライトセーバーで切断される事件が起きてもルールは変わらなかった。その直後、バンドに恨みを持つグリードが入店した際、ゴントたちは復讐に怯えながら演奏を続けた。しかし幸運なことにグリードはバンド以外に興味の対象を見つけてそちらに向かっていき、なんとその場で殺されてしまった!

登場人物・用語

テーマ別目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

Advertisement